マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


今年は私の干支
5回目の干支です
今年も常に前を向いて!

 新しい年が明けました。おめでとうございます。今年一年が、全ての皆様にとって素敵な日々になりますように心よりお祈り申し上げます。来年には、元号も新しくなります。我国全てが飛躍の一年になると良いですね。
 さて、私事ですが、5巡目となる自分の干支が回って来ました。気が付けば、還暦を迎えます。経ってみれば、気付いたらもう六十歳なのかと思います。高齢者と言うのでしょうかね。
 そこで思い起こしてみると節目に、印象的な出来事がありました。十二歳は、小学校卒業の年、新設校に移りプレパブ校舎になり、工事現場の中で過ごした半年あまり、卒業直前に新校舎に入り感動しました!二十四歳は、主人と婚約しました。新卒で同期入社、同期会の帰り道、意気投合しました。三十六歳は次男を出産しました。二児の母となり、四十八歳までの十二年間は、子供中心の十二年間でした。
 そして、子育てが一段落した四十八歳の時に通信教育と通学で、介護の資格を取りました。長男が高校一年、次男が小学校六年生でした。長男共々、新しい環境での出発となりました。ここからの十二年間、仕事から学ぶ事が多く必死でした。その一方、いろいろな出来事がありました。最愛の夫との別れもありました。試練と挑戦の期間でした。介護福祉士の国家試験にも合格しました。この資格があったから、次男を大学へ入学させ卒業するまでサポート出来ました。感謝です。
 六十歳、これからの十二年間は、どんな事があるのでしょうか。定年まであと五年間あります。同年輩の方と比べると体力も気力もある感じなので、まだまだ夜勤もこなしつつ稼がせていただき貯えをしたいと思います。
 次男も春から社会人です。これから、どんな生活が待っているのでしょうか。期待と不安でドキドキですね。でも、常に前を向いて進んで行きたいですね。どんな時でも、笑顔と努力と感謝を忘れずに行きましょうね。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2018年1月号掲載)
【つづく】