マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ

Mrs.タエコのマンションライフ

秋も深まりましたね
さて私は還暦を迎えます
人生これから前向きに

 秋も深まり、だいぶ肌寒い日が増えて来ました。秋の味覚を味わいたいとの欲求も深まって来ました。果物も美味しい、海の幸も味わいあるし、芸術よりも食欲の季節の始まりです。体重増加に注意したいものです。
 さて、私事ですが、還暦を迎える事となりました。干支、十干十二支が一巡した訳です。この世に生まれて、六十年もの月日を重ねた訳で、歳は重ねたけれど、人間として世の為、人の為に重ねたものはあるのだろうかと考えると、世の中に立派な功績を残した同世代の方は多数居るのに、自からの人生を振り返ってみると後悔する事も多いのです。誰でもそうなのでしょうか、何を残せたのか、不安になって、少しばかり情け無い気分になってしまうのです。何をやって来たのだろうかと。
 でも、これだけは確かです。一生懸命に生きて来たのです。その時、その時は必死だった筈です。亡き主人と結婚した時も、マンションの購入を決めた時も、産まれて来た子供達の成長を見守っている時も、なり振り構わず、自分自身を信じて突き進んで来た訳です。
 しかしながら、考えが足り無かったり、力が足り無かったりが多くて、ああすれば良かった、こうしていれば良かったと、今になって思う事があるのです。が、そんな中でも、息子達二人は、大学を四年間で卒業し就職活動を頑張って、社会人となってくれました。
 そんな訳で、二人の息子が、六十歳になる私の大切な宝物です。といっても、それぞれ自分達の人生を歩いているのですから、親である私は、これから先は、それぞれの人生を見守りながら、自分自身の人生を充実させて行かなければなりません。
 先日、老後の人生をテーマにした小説を読みました。貯金の事、年金の事、仕事の事、どれを取っても不安なテーマばかりでした。
 今の私は、そのどれも発展途上なのです。が、人生はこれから、健康な身体である事に感謝して、前向きに生きて行きます。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2018年10月号掲載)
【つづく】