マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


今年の梅雨は長引きそう
前向きに考えましょう
恵みの雨ですものね

 朝起きて、晴れているか雨降りかで気分に違いはありませんか。今年の梅雨は、長引くらしいので、農作物の成長のためには必要なおしめりですから、前向きな気持ちで乗り越えましょう。天の恵みですものね。
 さて、皆様方は『ありがとう』『すみません』を素直な気持ちで、言葉に出して言えますか? 他人に間違いを指摘された時、潔く認め反省する事が出来ますか。他人の失敗を責めるのではなく、それから学ぼうと思えますか。
 マンションのエントランスで、扉を押さえてもらったり、エレベーターを待ってもらったりすれば、『ありがとう』は言えます。駅のホームで、肩が当たれば、『すみません』と言えます。
 でも、間違いを指摘された時、心から教えてくれた事に感謝して『ありがとう』と言うのは難しいと思いませんか。ついつい言い訳してしまったりします。子供の頃は、素直に『ごめんね』と言えたのに。
 子供には悪い事をしたら謝るように、親切にしてもらったら『ありがとう』とお礼を言うようにと教えています。
 ところが、大人になって自分自身の事となるとどうでしょう。
 素直に謝る事の難しさ、間違いを認める事の難しさが重くのしかかります。まったく思っている事と実際の感情が違ってしまいます。
 それでも、これを克服して全てに感謝し、『教えてくれてありがとう。次回は間違えないように気をつけます。すみませんでした』と言えた時、人間は成長出来るのだなと思います。言い訳からは何も生まれません。
 先日、職場であったのです。ある職員の行動が外部の方からの苦情となり会社に電話が入りました。本人には、不本意な事で、認めてはもらえません。
 でも、何気ない行動が他人を不快にした事は事実です。素直に感謝の気持ちと共に謝らないといけません。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2011年6月号掲載)
【つづく】