マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


慣れない雪が降った後で
防寒用品を購入しようと
いつも思うのですが…

 寒さが厳しくなってきました。雪も降りました。朝起きて銀世界は、美しかったのですが、仕事は休めないので、危ないのはわかっていましたが、ノーマルタイヤで車を運転して出勤しました。超減速運転でした。マンションの影となり日の当たらない駐車場は、路面が凍っていて、出発から横滑り気味でしたが、何とか職場に無事たどり着いた時は、くたくたでした。昼頃には、日差しが強くなり帰る頃には、とけていたので良かったです。
 それでも、都心では雪によるスリップ事故や転倒による怪我人が多発していたとのことで、我が身の無事を喜んだのです。
 そして、翌朝が困りものでした。昨日、昼の日差しでとけた雪が、再び凍ったマンションの外階段は、スケートリンクのようになっており、毎朝駆け下りて駐車場へ向かって、仕事への気合いを入れている私にとっては、エレベーターを利用するという、朝から自分の体を甘やかす事を余儀なくされてしまいました。滑りまくりの凍った階段を下りる事に、チャレンジしても良かったのですが、我が家は5階なので、慎重に下りていたら遅刻してしまいそうなので、諦めました。後から、足を滑らせて、階段の踊り場まで一気に落ちてしまった人の話を聞き、無理しないで良かったと思いました。その方、怪我はなかったようです。
 そんな訳で、たった一夜の雪に振り回されてしまいました。が、立春を迎え、本格的な春の訪れまでには、まだまだ厳しい寒さを乗り越えなければなりません。まだまだ雪の降る日もあるのでしょうか。
 思えば、私は、毎年のように降られた後、雪のための対策を決心するのです。車のタイヤチェーンを用意する。雪道用の滑りにくい長靴を買う。駐車場の雪かき用のスコップを買う。暖かく、防水になっている手袋を買う。等なのですが、何とか無くても乗り切ってしまうと豪雪地域でないからなぁと、そのままになってしまうのです。今年こそ用意するかな。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2012年2月号掲載)
【つづく】