マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


息子たちの努力に
母として金メダルをあげたい
頑張れ!次回をめざして

 暑いけれど、出来るだけ冷房を使わないで過ごそうとバルコニー側の窓を開けていたら子供達の歓声が、近所の小学校の方角から聞こえてきました。窓外へ出て見ると、プールで、水泳大会が開かれているようです。
 とたんに、懐かしい気持ちになりました。毎年、高学年対象に開かれる市の大会です。我が家の息子達も小学校の頃は参加していました。すでにスイミングスクールでは選手コースだったので、個人競技でも団体でも大活躍だったのです。同じマンションに住む親馬鹿達と声がかれるまで応援したもです。
 あの時の、子供達の力を出し切った後の満足そうな顔、リレーで優勝した時の得意気な顔を思い出していたら、一時暑さを忘れることが出来ました。
 そして、今、ロンドンオリンピックが、開かれています。夢をかなえて、参加したアスリート達が、連日、熱戦を繰り広げています。彼らはどれだけの努力をして来たのだろうと思うと結果だけではなく、精一杯のパフォーマンスを応援しなければと思います。
 我が家の息子達も、あの小学生の頃、北京は無理だから、ロンドンオリンピック行くぞと、水泳の練習に励んでいたのです。もちろん、ロンドンは無理でしたが、マンションのエントランスで、遊んでいる友達の誘いを振り切って練習を続けていた努力、試合で結果が出せなかった時の悔しさを誰にもぶつけられず、たった一人で噛み締めて耐えて来たことは、彼らを成長させてくれたと思うのです。親として、それだけで十分です。親馬鹿な母としては、金メダル級の努力だったねと言ってあげたいです。
 しかし、長男だけは、ロンドンは駄目だったけれど、リオデジャネイロだと言って、大学生の今も練習を続ける日々です。頑張ってます。応援するしかないですよね。エレベーター前でよく、「息子さん、まだ泳いでいるの?」と聞かれます。もちろん! リオがありますから。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2012年8月号掲載)
【つづく】