マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


子供達も成長したので
これからは余り干渉せず
私は通信教育を始めよう

 今年は、冬の寒さが厳しかったので、桜の開花が遅いのではと思っていましたが、暖かくなったなと感じた途端に満開になりました。4月には、遅咲きの桜が新人達の門出を祝福してくれています。それぞれが桜に負けない美しい花を咲かせてくれる事を祈ります。
 さて、我が家の2人の息子達は、それぞれ高校と大学の最高学年を迎えました。兄は社会人になるための就職活動をし、弟は志望大学へ入るために受験勉強を頑張らなくてはなりません。月日が流れるのは早いですね。オモチャの取り合いをしていた2人が、まじめな顔で進路の話しをしているのを見ると眩しく、逞しく感じます。
 子供達は、成長したといってもまだまだ、未熟な部分もある訳で、言っている事や、やっている事に一言、言ってやりたいなと思う部分ばかりなのです。誰もが、そうだとは思いますが、親として経験してきた事は伝えてやりたいという気持ちと思うようにやらせてみたいという気持ちとのせめぎ合いなのです。失敗させたくないという気持ちと失敗するのも大切な事、立ち上がる時に見守り、少しだけ助けてやるのが、親の役目かなと考えています。
 このマンションで同じように育った子供達が就職したり、子供を連れて帰って来ている様子を見ると我が家の息子達も、成るように成るのだろうなと思い、心配する必要はないとも思うのです。
 そこで、子供達の将来を心配すると落ち着かなくなるし、ついつい言葉に出してしまえば嫌がられるばかりなので、気持ちをどこかへそらせば、余計な事を言わずにすむしなと思ったので、スキルアップも兼ねて、通信教育を始める事にしました。次男も大学受験のために勉強しているのですから、私も隣で勉強するのが一番という訳です。
 来年の春、桜の花が満開になるのは、兄か弟か、母親の私か、全員か、さて。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2013年4月号掲載)
【つづく】