マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ

タエコ09

最近は同じマンション内でも息子のママ友とも滅多に会えず
そんなとき仲間が一人旅立った

 朝晩の涼しい風が気持ち良い季節になりました。白昼は、まだまだ残暑が厳しいのですが、秋ですね。食べ物の美味しい季節です。子供達は夏の間、試合だ、合宿だ、宿題だと忙しく過ごしていましたので、新学期が始まった方が落着いた気分で良いです。
 さて、先日、久し振りに長男がチャイルド教室へ行っていた頃のママ友達と、会う機会がありました。幼稚園へ入園する前からですから、10年以上のお付き合いです。子供達の成長と共に時間を見つけてはバドミントン教室へ行ったり、パソコンを習いに行ったりした仲間です。が、ここ何年かは、同居しているお義母さんの介護だったり、仕事を始めたりで、なかなか会えなかったのです。
 子供たちが、小学校へ入学する頃までは、マンション内に仲間が居たので、そのお宅と我が家に交替で集まっては、子供は裏の公園で遊ばせ、親たちはおしゃべりをしたり過ごしたものです。
 そんな頃から、歳月が流れ、子供たちは成長しました。その頃、一番年長だった子は、嫁に出そうかという年齢になりました。我が家も長男が大学受験ですし、お金がかかるねと、出るのは溜息ばかりです。
 でも何より私たちの繋がりを強くしたのは、仲間の一人が、昨年末、急逝したことです。本当に急でした。大切な一人娘と愛するだんな様を残して、私たちに思い出だけを残して逝ってしまいました。
 子供たちが、親を必要としなくなったら、旅行へ行ったりして遊ぼうねと約束していたのに、お互いに忙しくて、同じマンションに住んでいたのに、顔を合わせる事もなく、たまに顔を合わせると走りながらの挨拶くらいでした。こんな事になるなんてです。
 だから、会える時に無理してでも会おうって、気持ちになりました。
 私たちは健康で長生きして、彼女の分も思い切り老後を楽しんでから、天国で合流したいと思います。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2009年9月号掲載)
【つづく】