マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


一人暮らしの父が入院
仕事を休んで実家へ
一軒家の掃除は大変!

 今年の秋の幕明けは、台風の被害の連続で大変でした。日本列島を取り巻く気象は、どうなってしまうのだろうと不安になってしまいます。被害に遭った方々には心より御見舞い申し上げます。そして、現地でボランティア活動をしている皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。どうか、お身体を大切にして下さい。一日も早く今まで通りの生活を取り戻されますようにお祈り申し上げます。
 さて、89歳と高齢ですが、元気に一人で暮らしている実家の父が体調を崩して入院しました。幸い症状は軽く一週間で退院となるのですが、仕事を休んで実家に来ています。普段はヘルパーさんが掃除、洗濯を全てして下さるので、一人暮らしには広過ぎる2階建ての家も、荒れる事なく片付けられています。が、本人が入院中は、ヘルパーさんは休みになるので、私が掃除、洗濯をしなけれななりません。嫌いではありませんが、一軒家の家事がこんなに大変とは思いませんでした。
 いつもは、マンションでの生活です。居住面積は広くはないので、掃除機を使用してもコンセントの差替えは1回やれば、全て清める事が出来ます。洗濯も、洗濯機からバルコニーまでリビングを横切る程度なので、すぐに完了です。たまに、念入りに行う時は、冬でも汗を流しますが、楽だったのですね。
 本当、ヘルパーさんに感謝です。1階に掃除機をかけるだけで、コンセントを何回抜いたり差したりしたでしょうか。2階を掃除する時は、かついで登らなければなりません。階段を一段一段掃除する時は、落ちない様に気を付けなければなりません。
 テレビショッピングでコードレスの掃除機を宣伝していますが、必需品なのですね。洗い終わった洗濯物の籠を2階のベランダまで運ぶのも一苦労です。
 生前、母がこんなに大変な思いをしてたんだなと実感しました。専業主婦で気楽だったのではと思っていた事を深く反省しました。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2015年10月号掲載)
【つづく】