マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


マンション施工不良問題は
他人ごとではありません
一日も早い解決を願います

 寒くなって来たなと思ったら、12月ですね。電車で出掛けると、有名テーマパークのお土産袋を持った親子連れは、クリスマスの装いです。ツリーやパレードも美しく楽しいんだろうなと思います。主人の生前は、毎年ツリーが飾られると訪れていました。子供達が幼い頃は、家族4人で、成長すると2人で時間を忘れて楽しみました。とても良い思い出です。いつか又、気持ちは2人で訪れたいなぁと思っています。
 さて、今年はマンションの施工不良の問題が発覚し、それは氷山の一角であり、多くの方々が、いつ解決されるか先の見えない状況の中で生活をしている事を知りました。私もマンションに生活をしている人間として他人事ではありません。建築に関しては、素人です。一生に一回の大きな買い物です。購入を決める時には、何をどう調べ、何に気を付ければ良いかなんて見当もつきませんでした。確かな事を信じるしかありません。
 それが、分譲会社や施工業者の知名度だったり、信頼出来るかどうかです。誰でも知っているような業者だったら安心します。そして重要なのは、分譲されている立地条件です。職場から近いかよりも、環境が大切だったりもします。子育てに適しているか、週末に楽しく家族で過ごせるか等、それが全て満たされたら決めます。我が家だって、それで決めました。  こんな大切な、重要な買い物が、間違ってたなんて思いたくありませんよね。新築の分譲マンションに、引っ越しした時の喜び、これから続く幸せな家族での生活への期待。マンション中心に、子供達の教育環境も決まります。子供達の生涯の故郷になるのです。
 今回のこの出来事が、一日も早くすっきり解決して欲しいと思います。そして、二度と同様の問題が起こらないように、業者には努力していただきたいし、購入する側にも正しい情報が欲しいと思います。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2015年12月号掲載)
【つづく】