マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


我が家のリフォームはまだ先…
自分で出来ることをやろう!
とりあえず風呂場のカビ退治

 秋も深まり、10月になりました。今年も残すところ3ケ月となりました。1年がたつのは早いですね。汗ばむ日が続いてますが、もうじきに肌寒い日々がやって来るのでしょうね。素足で靴を履くのが気持ち良かったのですが、ブーツを準備しようかと思います。
 さて、数日前よりマンションの同じ階の居室でリフォーム工事が始まりました。剥がされた壁紙や絨毯、外されたユニットバスなどを見ると、そうだよなぁ、築30年余りして我が家もやりたいなと思いつつどんな新品が、運び込まれるのか気になるのです。休みの日に工事中の開け放たれた扉の隙間から覗いてやろうと試みましたが駄目ですよね。そんな事はいけません。想像するだけにします。
 そんな訳なので、とりあえず今の我が家を快適にするにはどうすれば良いか考える事にしました。風呂場、台所のリフォームはすぐには出来ません。念入りに掃除をして見た目を少し良くすれば、あと何年かは我慢出来るでしょうか。換気扇の汚れが気になるので、今流行のプロの掃除業者に頼むのも良いかな。ついでに風呂場の取りきれないカビの掃除もやってほしいのです。お金は必要ですが、取り換える事を考えれば一つの方法でしょう。
 しかし、お金を使わずに自分でやれる事はやらないと駄目だよなと思うのです。最近、テレビのバラエティ番組でタレントさんが、汚れた家をプロ級の技で美しく蘇らせていますね。参考にしようかと考えますが、我が家にも来てほしいな、いつでも取材オッケイなんだけどなぁ。やはり、自分でやりましょうね。スマホがあれば簡単な掃除の方法を検索出来るし、私には人並み外れた体力と集中力があるのですよ、忘れてました。
 まず、風呂場のカビ退治からやってみました。天井を洗うと濡れてしまうのでほぼ裸になって、泡状の洗剤を黒ぽっくなったユニットバスの隅々に吹き付けてブラシで擦り始めて気付きました。鞭打ち後遺症が、痛い。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2016年10月号掲載)
【つづく】