マンション銀座歩行者天国

Mrs.タエコのマンションライフ


今春、次男は大学4年生
就職活動にスーツを購入
可能性を信じて大海へ

 寒暖の差がある今年の冬でした。なかなか風邪が治らなくてと鼻をぐずぐずさせていた職員仲間が、いつの間にか花粉症に突入していました。春が来るのは、嬉しいけれどアレルギーのある方達には大変な季節なのでしょうか。でも、河津桜から始まる桜の開花が楽しみな頃ですね。
 今春、我が家の次男が、大学4年になります。就職活動完全突入です。長男が就職活動の時は、主人が闘病中だったので無事内定が取れたから良かったですが、精神的に大変な思いをさせました。最終面接が、亡くなった翌日だったのです。最終面接まで行ったのを喜んでいたので行かせました。この時の経験がきっと役に立つなと思います。この先、どんな事があっても乗り越える力は出来ました。逞しい男性に成長しました。
 次男の就職活動の準備として、先日、リクルートスーツを購入するために、量販店へ出掛けました。その前に大学では学生を集めて説明会が開かれていました。ベテランの販売員が、就職活動に相応しい服装、面接の場での所作等を指導して下さったそうです。ありがたいですね。親の私が就職した頃は、景気が良かったので内定をいくつもいただいて、断りの手紙を書くのに苦労した記憶がありますが、面接の際の所作等学んだ経験がないので息子にアドバイスも出来ません。
 そんな訳で、店頭で担当して下さった販売員の方に、名刺の受け取り方、脱いだコートの正しい持ち方を確認している様子を見て、次男の成長した姿に胸が熱くなり、親が心配しなくても着実に社会の一員になるべく覚悟して日々努力しているんだなと頼もしく感じています。親は、健康管理と見守るくらいしかできませんね。
 近い将来、次男の就職が決まれば、このマンションでの一人暮らしもありなのかなと考える寂しさもありますが、自分の可能性を信じて大海へ出て欲しいと願っています。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2017年3月号掲載)
【つづく】