マンション銀座歩行者天国

みどりと人との共生

 マンションや団地の緑は、美観や風景のためだけでなく、季節を彩り、住む人の心をなごませ、風を和らげ、空気を浄化し、強烈な日差しを遮り、快適な生活環境をつくり、火災発生時には延焼防止の役割も果たします。
 緑のない風景は人々の気持ちを殺伐とさせ、そこには良いコミュニティも生まれません。まさに「みどりと人との共生」は、私たちの暮らしに欠かせないものとなっています。
 一方、緑の手入れには手間や費用がかかり、伸びきった樹木は美観を損ね、住戸の日照を妨げるなど、生活環境や防犯を悪化させます。
 今、「大切な緑を適切に管理していくにはどうすれば良いか」が管理組合共通の課題として問われています。そこで「マンションのみどり研究部会」では、皆様からの日頃の疑問や質問にお答えしています。日頃の手入れを自分たちでやるのか、専門会社に任せるのか?専門会社への上手な依頼方法は?樹木の剪定はいつ頃が良いか?植栽の適期は?施肥や害虫防除の方法は?などなど、無料で回答させて頂いていますので、ご遠慮なくご利用ください。
 なお、ご質問の内容によっては、当部会にて作成中の「マンションのみどりQ&A(第2版)」に匿名で掲載し、皆様共通の問題として取り上げさせていただきます。





みどりの質問募集中!

「みどりのある風景」を連載している(公財)都市緑化機構のマンションのみどり研究部会では、平成19年に発行した「マンションのみどりQ&A」の改訂版を作成しています。
 管理組合の皆様の緑の管理についての疑問や困っていることに専門家がお答えします。この機会を是非、活用ください。ご質問はアメニティ編集室(FAX03-3667-1808又はeメールinfo@mansion.co.jp)で受付けています。