マンション銀座歩行者天国

敬老の話

 9月は、9月1日の「防災の日」のイメージから、「防災」の話が多くなりますが、「敬老の日」もあります。そこで、高齢者に関するあれこれを取り上げてみます。


兵庫県が「敬老の日」発祥の日

 そもそもなぜ9月に「敬老の日」なのでしょうか。これは、1947年に兵庫県多可郡野間谷村で行われた敬老行事がきっかけです。1950年には9月15日を「としよりの日」とする県民運動が開始され、翌1951年には、中央社会福祉協議会が9月15日から21日までの一週間を「老人を敬い慰め、励ますとともに、老人福祉に対する国民的理解を促進し、老人自身もまたその立場を自覚し、新しい社会建設に参加する」ことをうたって様々な活動が始まりました。その後、「としよりの日」は1966年に国民の祝日「敬老の日」となりました。


高齢者とは65歳から?

「高齢者」と一口に言っても、何歳から「高齢者」なのでしょうか。
 内閣府が発表した「2015年度高齢社会白書」によれば、全国で65歳以上の高齢者人口が3300万人(26.0%)、さらに65〜74歳の人口が1708万人(13.4%)、75歳以上が1592万人(12.5%)となっています。
 このことから、高齢者とは65歳以上の事で、これは、国連の世界保健機関(WHO)が65歳以上を高齢者としているのを受けています。国の制度でも、65〜74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者として、諸制度が設計されています。
 また、定年と言えば60歳でしたが、2013年施行の「高齢者雇用安定法」により、本人が希望すれば65歳まで雇用が継続されるようになりました。公的年金の支給が65歳に引き上げられ、定年後、所得の無い状態を防ぐ措置ですが、ここでも65歳が目安のようです。


高齢者と自覚するのは70歳以降 年々「自覚年齢」が上昇しています

 ここまでは国の制度上の話ですが、高齢者自身は何歳から「高齢者」と自覚するのでしょうか。
 内閣府が5年に一度実施する「高齢者の日常生活に関する意識調査」によれば、昨年度調査で60歳以上の男女6000人に、「高齢者とは何歳以上か」と尋ねたところ、70歳以上が29.1%、75歳以上が27.9%、80歳以上が18.4%と、70歳以上が最も多くなっています。しかし、前回調査(2009年度)の同じ質問と比べると、70歳以上が13.2ポイント下げており、80歳以上が7.6ポイント上げています。このことから、高齢者自身が自覚する年齢は、70歳よりもさらに上回る傾向が見られます。

健康に気を付けましょう 高齢者の死因は「がん」「心疾患」「肺炎」の順

 次に、高齢者の死因となった病気は、「悪性新生物(がん)」「心疾患」「肺炎」「脳血管疾患」の順で、日本人全体の死因と比較すると、「肺炎」と「脳血管疾患」が逆になっています。
 そのため、昨年10月より、高齢者を対象とした「肺炎球菌ワクチン」の接種費用の一部を公費で負担する定期接種が始まりました。
 健康に自信があっても、ワクチン接種の対象になったらワクチンを接種して、肺炎を予防しましょう。


  老人週間ポスター(出典:内閣府HP)