マンション銀座歩行者天国

このマークなぁ〜に?

防火対象物定期点検報告制度




 平成13年に新宿区歌舞伎町ビル火災等があったことから、消防法が大幅に改正され、平成15年から一定用途・規模の建物では防火対象物定期点検報告制度が義務化された。
 建物のオーナー等は、防火管理の状況を「防火対象物点検資格者」に点検させ、その結果を消防機関に報告しなければならない。対象となる建物は、劇場、デパート、病院などの不特定多数の人が利用する「特定防火対象物」。点検の検果、消防法令に適合している建物にはマークを表示。「防火基準点検済証」「防災基準点検済証」「防火・防災基準点検済証」があり、3種類とも絵は同じで、上部の表題が変わる。


集合住宅管理新聞アメニティ336号 (2010年9月号掲載)