13.数をあてる


【問題】

下記の式のA、B、C、D、E、Fは1から6までの数のどれかを表しています。(同じ数はありません)
  A+B=C
  B×D=D
  E×F=D

  (1)Bはいくつですか
  (2)Cはいくつですか 


(出題者・松)



【解答】

 (1)B=1
 (2)C=5
(解説)B×D=Dから、B=1とわかり、E×F=Dから、D=6、EとFは2と3とわかる。
4と5が残っていて、A+B=Cより、A=4、C=5とわかる。


(2016年4月号掲載)