マンション銀座歩行者天国

32.ジャズガール

山野ビッグバンドジャズコンテスト♪

 今年の夏は猛暑が続きましたが、夏といえば恒例の山野ビッグバンドジャズコンテストです。
 このコンテストは、大学等のビッグバンドを対象にしたもので、今年で43回目。晴れの最優秀賞は国立音楽大学ニュー・タイド・ジャズ・オーケストラで、6連覇という偉業です。二十歳前後の多感な時代をビッグバンドジャズという、個人のスキルもさることながら、合奏することで一つのサウンドをつくり上げ、チームワーク力も要求されるジャズに取り組んでいることに、心から拍手を送りたくなります。



女性が支えるビッグバンド♪

 どのバンドも厳しい練習をしてきていることは想像に難くなく、それが音と音の間やハーモニーに被さって、音楽そのものよりもリアルに感じることができるのがこのコンテストです。
 へつらいがなく、自分たちだけのジャズを展開しているということに、何よりも好感が持てます。
 それを支えているのが女性たちといってもよく、トランペットやサクソフォーンなどを操り、小さなからだから信じられないほど鋭く、しっかりとした音を出していて、とても頼もしいジャズガールという趣なのです。 (服部 伸一 エッセイスト・写真家)




集合住宅管理新聞アメニティ361号 (2012年10月号掲載)