マンション銀座歩行者天国

33.むすんでひらいて

ルソー生誕300年♪

 6月28日に生誕300年を迎えたジャン=ジャック・ルソー。スイスで生まれ、フランスで哲学者、政治哲学者、教育思想家、作家として活躍。著作は広く読まれ、フランス革命や以降の社会思想にも大きな精神的影響を及ぼしました。一方、誰もが知っている曲の原曲の作曲者であることは、あまり知られていないようです。



遊戯歌♪

 ミミレドド レレミレドという曲を歌いながら、手をむすんだり、開いたりしたことが幼い頃あったと思います。言うまでもなくこの曲、『むすんでひらいて』は、今でも子供たちに人気の歌なのではないかと思います。ほとんどの日本人は、日本で生まれた曲だと思っているのではないかと思います。



賛美歌、唱歌、軍歌を経て童謡に♪

 原曲は1753年のオペラ『村の占い師』です。長い年月を結びつけており、音楽の力を感じます。原曲はミファレドドですが、賛美歌として日本に渡ってきて、1881年、1番を柴田清熙が作詞したのが唱歌「見渡せば青やなぎ…」で、のちに軍歌にもなり、1947年に現在の「むすんでひらいててをうってむすんで」の童謡になりました。 (服部 伸一 エッセイスト・写真家)




集合住宅管理新聞アメニティ362号 (2012年11月号掲載)