マンション銀座歩行者天国

36.幸福感に包まれる演奏会

演奏に評価と称賛を!♪

 演奏会のプログラムがすべておわると、普通はアンコールがあります。大曲の後には、その余力がないのでアンコールはありません。通常のプログラムが終了した際に、聴衆は拍手や掛け声によってその演奏を評価し、讃えます。もう少し、その素晴らしい演奏が聴きたいという気持ちに加え、奏者が、その称賛に対する感謝に応え、追加の演奏を行うのです。
 もちろん、最後の演奏に対してだけではなく、1曲1曲の演奏が終わるたびに、その演奏の評価と称賛をし、「よかったですよ」という気持ちを拍手に乗せて心から送りたいものです。



一体感で包まれる演奏会♪

 よい演奏というのは、演奏者だけで成立するのではなく、聴衆がそれを引き出すということがよくあります。聴く気持ち、呼吸といったものを奏者が感じ取り、奏者自身の持っている実力を十二分に発揮し、素晴らしい演奏をするのです。そのような演奏に立ち会うことができると、体中の血が沸き立ち、体温の高まりを実感できます。心から讃え、大きな拍手を送り、奏者も聴衆も一体感で包まれます。そして、何とも言えない幸福感でいっぱいになります。演奏会は奏者と聴衆が一緒になってつくり出すものでもあるのです。
 そのような気分を味わいに、ぜひとも演奏会に足を運んではいかがでしょうか。
(服部 伸一 エッセイスト・写真家)


集合住宅管理新聞アメニティ365号 (2013年2月号掲載)