マンション銀座歩行者天国

81.かまやつひろし

日本初のロック歌手♪

 ムッシュかまやつこと釜萢弘さんが2017年3月1日、膵癌のため天国に旅立ちました。1839年1月12日生まれ、78歳でした。父である、日本のジャズ草創期のジャズシンガーのティーブ釜萢(釜萢 正)さんの影響で、幼い頃から音楽に親しみ、高校生の時にカントリー&ウエスタン歌手としてプロデビューしました。しかし、その枠に止まらず、ロカビリーやポップスにも手を広げ、さらに、日本初のロック歌手と位置付けられてもいます。その辺りは、あまり知られていませんが、今更ながら日本初の音楽を体現された方として、敬愛の念を深く感じる次第です。


ベルリンの壁の上でライブ♪

 「ザ・スパイダース」のゲストボーカルとして参加した後、正式メンバーとしてヴォーカル及びギターを担当、代表曲である「あの時君は若かった」「いつまでもどこまでも」「バン・バン・バン」「フリフリ」などが大ヒットしました。バンドの音楽監督のような存在としてGSブームを牽引しました。
 やんちゃで憎めない風貌ですが、ファッションリーダーとして、また1989年、ベルリンの壁が崩壊する間際に、壁の上に立ってギターを手にし、ゲリラライブを行なったことなど、音楽をメッセージとして捉えた豊かな人生だったのではないかと、多くのファンは感じているのではないかと思います。天国でも独特の調子の歌を聴かせているのではないかと思います。


(服部 伸一 エッセイスト・写真家)


集合住宅管理新聞アメニティ415号 (2017年4月号掲載)