マンション銀座歩行者天国

97.カナディアン・ブラス

夏を乗り越える音楽♪

 今年の夏は激暑というべき状況と、大雨に加え台風12号によって、壊滅的な被害が広がっており、お亡くなりになった方に心よりお悔やみ申し上げます。被災された方々には支援の輪が広がることを期待しています。こういうときこそ、被災者も支援者も元気を出したいものです。
音楽にはそういった力があります。
 暑いときに聴きたい音楽は、どのようなものでしょうか。からだや気持ちをシャキッとさせ、体感的に涼しげで爽やかな感じをもたらす音楽を聴きたいと思います。したがって重い感じの音楽は今回は避けることにします。モーツアルト、ショパンなど、思い浮かぶ作品はたくさんあります。


金管五重奏♪

 作品で選択するのではなく、演奏者を選択して聴くとことにしましょう。金管五重奏のサウンドは春夏秋冬、一年中、いつ聴いてもいいものです。でも、この暑さを乗り切るには「カナディアン・ブラス」のサウンドが最適かなと感じます。時に微妙に、時に体全体に訴えてくる抜群のテクニック、比類のない音楽性、ハーモニーのバランスの完成度の高さ。そこから溢れてくる美しい金管五重奏のサウンドはなんとも気持ち良く、心に入り込んできます。
  この夏、「カナディアン・ブラス」をぜひ、お聞きください。


(服部 伸一 エッセイスト・写真家)


集合住宅管理新聞アメニティ431号 (2018年8月号掲載)