旅スポット

16.鉄道好きの子連れ、孫連れの夏休みに「青海鉄道公園」(東京都青梅市)

C11系蒸気機関車
 C11系蒸気機関車

 公園内の敷地はさほど広くないけれども、日本で初めての鉄道(新橋〜横浜間)に使われたSLで、鉄道記念物指定の「110形蒸気機関車」など、貴重な鉄道文化財としての実物車両が11両屋外展示されている。ちびっ子用のミニSL「弁慶号」などの乗り物や昭和44年製造の新幹線もある。この公園は、昭和37年に旧国鉄が鉄道開業90年記念事業として開設した。  敷地内には記念館もあり、人気の「ジオラマ」や各種車両模型の展示コーナー、車両を解説する写真パネル、運転シュミレーター機器、ちびっ子遊具機器などがあり、大人でも結構楽しめる。レストランなどはないが、売店があり記念品や玩具等を販売している。  帰路には、JR青梅駅の反対側にまで足を延ばして多摩川河川敷の「釜の淵公園」に行くと、水遊びも楽しめる。

人気のジオラマ
人気のジオラマ 

本物の蒸気機関車は大きいね
本物の蒸気機関車は大きいね 


運転シュミレーター     ちびっ子大喜びミニSL
運転シュミレーター                       ちびっ子大喜びミニSL

<アクセス>
 JR青梅駅から青梅鉄道公園まで歩約15分。
 JR東京駅からは中央線「青梅特快」青梅駅まで直通約80分。駐車場有。

<寄り道>
 青梅鉄道公園から多摩川の河原「釜の淵公園」まで、車約10分(タクシー約1500円)。
 JR青梅駅からは釜の淵公園まで歩約15分。

<問い合わせ>
 青梅鉄道公園 рO428-22-4678。
 入園料/小学生以上100円。
 休園日/月曜日(祝祭日の場合は火曜日)。

(2013年7月号掲載)