新工法紹介

排水管改修の新工法「SL−PRO工法」その2


一体施工の現場を見学

 6月4日にSL−PRO工法の埋設排水管デモ施工現場見学会を金沢シーサイドタウン並木二丁目第一住宅管理組合様のご協力により別記の通り予定しています。  このデモ施工では、SL−PRO工法の基幹施工ともいえます排水枡と埋設排水管との一体施工の工事現場を見学していただきます。



作業中の様子(照射器挿入)



埋設排水管の施工

 まず、施工中でも通常の生活ができるように排水処理をいたします。屋外埋設配管内の植栽樹根撤去、排水油脂を撤去並びにクリーニング後、小型CCDカメラによって管内の劣化・損傷状況を確認、配管の内側に光硬化樹脂(SLライナー/専用のライニング材)を挿入します。その後、専用照射器にて硬化を促進させ、既存管内部に強度の高いFRPパイプの樹脂管を形成します。樹脂管は、図2の通り硬化前はアウターフイルム、ライナー材、インナーフイルムの3層、硬化後はインナーフイルムを抜き取り、2層となります(SL−PROtypeU工法/埋設管更生工法)。 

(図1)



(図2)


排水枡の施工

 次に、屋外排水枡内の植栽樹根撤去(既設管に突き出ている木根やモルタルの付着などを超高圧洗浄車にて除去)、排水油脂を撤去並びにクリーニング後、下地処理をして、光硬化樹脂を枡の形に合わせて内面に密着させます。その後、専用照射器にて硬化を促進させ、既存枡内部に樹脂層を形成します(SL−PROtypeM工法/排水枡更生工法)。

樹根の悩みを解消

 以上を一連の工事として、排水枡と埋設排水管との一体施工を実現します。接続部の一部や管口等は作業員が手作業にて仕上げします。施工完了後は、継ぎ目のない一体型の更生管に仕上がります。これにより、排水枡や埋設排水管との繋ぎ目に樹根が入り込む悩みを解消します。

最小限の施工スペース

 SL−PRO工法は、図3の通り、横幅約1・5メートルで作業が可能です。ボイラーやショベルカーなどの大掛かりな機材が不要なため施工場所の確保が容易になり、振動や騒音も少なく、コストダウンにもなります。  埋設排水管は最長50メートルまで1回の作業で施工できます。埋設排水管の曲がり部は約90度3曲がりくらいまで施工可能ですが、極端な曲がり部や勾配部は更新工事にて対処します。

(図3)


光硬化の利点

 光硬化によるライニングは、一定の品質を保つためです(現場で材料を混合すると均一にならないことがあるので)。光硬化の主な利点としては(1)光硬化の材料は工場で作成した高品質で安定供給されたのものを使用します。現場での材料作成用のスペースが必要ありません。(2)光硬化の場合、気温や湿度、硬化材分量等に左右されないため硬化時間管理が容易となり、均一した仕上がりになります。(3)万が一硬化中に不具合が発生した場合でも、光照射を止めれば硬化が止まり、施工のやり直しが可能です。  SL―PRO工法開発元・京浜管鉄工業株式会社



(2016年5月号掲載)

排水管改修の新工法「SL−PRO工法」その1


新工法の開発経緯

 樹根は想像以上に生命力があり、強靭で、わずかな隙間にも入り込んできます。
 当社は、マンション給排水管の改修を数多く手がけておりますが、排水管の繋ぎ目や排水枡との繋ぎ目にこの樹根が入り込んで、排水不良が度々生じておりました。
 そこで当社では、排水管と排水枡とを一体施工することにより繋ぎ目の隙間をなくす工法の開発を進めてきました。この程、一体施工型工法として工法の確立ができました。



SL−PRO工法とは、可視光線で硬化する樹脂を使用し、
老朽化が進んだ建物の排水設備を更生する特殊工法です。


新工法「SL−PRO工法」の特徴

 SL−PRO工法のSはスーパーライト、PROはプロフェッショナルの意で、可視光線で硬化する樹脂を使用し、老朽化が進んだ建物の排水設備を更生する特殊工法です。
 主な特徴としては、(1)一体施工により繋ぎ目等の隙間が生じないので、根本的に樹根対策ができる(2)既存排水管の中に新たな樹脂パイプを作るため、既存排水管内側の凹凸の影響を受けないので厚みを均一なパイプで成型できる(3)堀削作業がないので工期が短く、即日排水制限が解除できる(4)大規模な機材が不要なため、狭い場所でも施工ができる(5)既設管の撤去等の費用がかからず、工期も短いため、工事費の削減ができる、などです。








新工法の施工範囲

 SL−PRO工法の施工範囲は、排水枡及び埋設排水管(一体施工)並びに建物内の排水立て管及び排水横引き管への導入部です。排水横引き管の施工は更新工法にて対応します。
 なお、埋設排水管の勾配不良部においては、部分更新するなどの臨機応変の対応が必要になりますが、この部分は弊社の永年の実績による更新工法により施工いたします。
 百聞は一見に如かずの諺のように、管理組合の皆様には是非一度施工現場をご覧いただきたく、左記の日程で「SL−PRO工法のデモ施工見学会」を金沢シーサイドタウン並木二丁目第一住宅管理組合様のご協力を得て企画させていただきました。
 ご多用中誠に恐縮ですがご参加お待ちしております。
 SL―PRO工法開発元・京浜管鉄工業株式会社



(2016年4月号掲載)