植栽&環境整備

マンション設備のレベルアップ事例 -- 電気幹線改修と快適な暮らしの実現

新座住宅における電気幹線の更新と電気容量の増量対策工事

 クーラーや食洗機が家庭の必需品となっている中で、古いマンションや団地では電気製 品の使いすぎでブレーカーが下りてしまうことに悩まされている。
 この不便さを解消するには、住宅に引き込まれている電気幹線を改修してアンペアの増 対策を図る必要があるが、集合住宅では諸々の制約があり各住戸の一存では実施できない のが現状だ。
 電気の幹線改修をすることによって、集合住宅での暮らしがどのように変わってくるの かなどを、新座団地での改修工事の事例を中心に、担当した設計監理者にご執筆いただい た。

 新座住宅では、入居35年を経過し諸設備の更新が求められていたが、なかでも、電気 幹線など配線設備等の劣化対策並びに電気容量の陳腐化対策(増アンペア)を急務として 、昨年10月から電気幹線改修工事に着手し、本年7月に完了した。
 改修工事の実現にあたっては、管理組合で数年来電気設備の更新と住戸電気容量の増量 について検討を重ね、平成15年に事業計画を決定し、理事会の諮問機関として「電気設備 改修委員会」を立ち上げ、準備を進めてきた。
 平成16年2月に、複数の設計事務所との見積り合わせ並びにヒアリングを行って設計事 務所を決定し、調査を開始した。
 調査内容は、既存電気設備の現況と新設設備の基礎調査とし、

  1. 各住戸の契約電気容量調査
  2. 住戸内配線路絶縁抵抗測定
  3. コンセント劣化調査、並びに既設配線劣化調査

も過去に火災によって浸水した住戸(10戸)を含む18戸に対して実施した。
 その結果、増築棟においては10年前に更新されているため30Aの漏電ブレーカーが 設置されているが、既存棟は建設当初のまま漏電ブレーカーは設置されていなかった。ま た、幹線に関しては一部床下幹線分岐部において劣化が確認された。



図:工事全体概要
工事全体概要

図:階段周辺及び住戸内幹線敷設図
階段周辺及び住戸内幹線敷設図
(つづく)
1級建築士事務所 秋設計
〔新座住宅の概要〕


 埼玉県新座市、住棟5階建て35棟3DK1010戸(内、増築棟12棟310戸)、 1970年(昭和45年)旧日本住宅公団分譲
 工事等の期間=調査設計/平成16年3月〜9月、施工/平成16年10月〜17年7 月

〔工事項目〕

  1. 引込設備更新
  2. 幹線設備更新
  3. 住戸内分電盤更新
  4. 階段灯更新
〔工事内容の概要〕


共用部電気幹線を更新するとともに、住戸の電気容量(既存棟最大容量30A対応)を最大50A対応可能に増量する。階段室共用灯(既存10W)を15W に更新する。階段室シャフト内1・4階に共用コンセントを設置するとともに、ケーブル テレビと電話用電源回路を共用灯回路から分離して単独回路とする。
(2005.09)




電気幹線改修と快適な暮らしの実現 (その2)

30アンペアを50アンペアにオール電化のマンションライフが可能に

 電気幹線を改修することによる大きなメリットとしては、
  1. 古くなった配線設備等の更新(危険防止)
  2. 電気の容量アップ(100Vを200Vに改修して最大30アンペアの容量を50アンペアに増量したことによる機能性の改善)
  3. オール電化住宅の実現(ガス事故防止等)
  4. 住宅の資産価値の維持(住宅売却時等の価格に影響)
などが挙げられる。
 なかでも、キッチンの電化ができれば、火を使わないので高齢者にも安心、眼を離した 隙のうっかり事故の防止など、電化を考えていた人にとっては夢がかなえられることにも なる。但し、電気代のランニングコスト、専用調理器具(IHクッキングヒーター等)へ の交換費用などはかかる。
 浴室(風呂釜)については、既存マンションで電化する場合、専用給湯機等(貯湯タン クユニット等)の設置スペース等が大きな難点となる。
 床暖房などについては、電気容量をアップしたので充分対応できるようになった。
 新座住宅管理組合では、工事の計画段階で住戸分電盤のリミッター容量の変更希望容量 調査を実施して、全戸の予定契約容量を東京電力に申請した。その時点での各戸の申込み 容量は、表1の通り40アンペア以上に容量アップを希望する住戸は約38パーセントで あったが、今後、電化の普及と共にこの比率はさらに増えてくるものと思われる。

工事を終えて

 工事にあたっては、東京電力側と幾度も協議を重ね、計画がまとまった段階で居住者に 対する「工事説明会」を開催した。施工会社の選定については、アメニティ紙や業界紙で 公募し、応募6社の中から選考会議で3社にしぼり込み、ヒアリング等の結果を経て1社 を選定した。
 今回の工事での電気設備の改善項目としては、
  1. 旧来の幹線の床下部分は地面転がし配線であったが、それを中空吊り配線とした
  2. テレビ・電話の電源回路を旧来の共用灯回路から分離独立させたことで、共用灯回路の漏電等によるテレビ・電話電源回路の遮断がなくなった
  3. 全階段室シャフト内に共用コンセントを設置した
などだが、特に今回の工事により、夜間の階段が明るくなった(階段室共用灯を既存10wから15Wに更新)と居住者の皆さんからは好評だった。
(おわり)
1級建築士事務所 秋設計
(表1)
10A1戸(0.1%)
15A6戸(0.6%)
20A30戸(3.0%)
30A588戸(58.2%)
※未回答分81戸を含む
40A248戸(24.6%)
50A137戸(13.6%)
(計1010戸)