改修工事情報

一日で工事完了の給水管ライニング工事/施工実績の豊富な「ASLTT工法」/株式会社きんぱいリノテック

最高のマンション修繕を目指すなら

 今年の夏は本当に暑い。シートに覆われた建物を見ると、つい新築か修繕か、気になってしまう。外壁修繕中のマンションなら、最悪の夏を経験している人がいたのではないか。
  昔から、「夏の外壁工事は最悪で、風も通らなければ、クーラーも使えない」と言われていた。ようやく最近、夏に限らず日を決めてシートを外し、洗濯物が干せる日を設ける例も見かけるようになった。シートの着脱には、作業費が必要だが、居住生活への配慮を優先する例が増えているようだ。
  マンション人口が増えた昨今、友人、知人のマンションと修繕経験を比較すれば、管理組合の力量が自然に推し量られる。高品質、高性能は当然だが、加えて居住生活への配慮を実現する工法の採用が求められる時代に、我々は既に突入している。


【ASLU工法】



便利なライニングでも普通は2日間断水

 こうした時代の要求への対応が既に可能になっているのが、給水管、排水管の修繕であり、1日で完了する更生工法がある。
  『マンション再生マニュアル』の給水設備改修工事の項には、一般的な更生工法として、エポキシ樹脂ライニング審査証明工法(既存管内の錆を双方向研磨しエポキシ樹脂を…)がよく用いられていると説明されている。
  劣化した管や劣化しつつある給水管・排水管を撤去せず、その内側を樹脂で覆う工法である。撤去し新しい管を設置する更新工事と異なり、管周辺を解体せずに工事できる。解体工事、復旧工事が不要なので、当然家具の移動等、部屋片付けも不要だ。
  費用も極力抑えたいという要望、20年来の実績と各社の改良等によって、この工法は既に広く認知されている。


管更生工事施工実績
(特定非営利活動法人日本管更生工業会調べ)

給水管
17年度:件数/488件 延/453km
18年度:件数/490件 延/457km
19年度:件数/588件 延/566km
20年度:件数/642件 延/681km
21年度:件数/557件 延/553km
排水管
17年度:件数/42件  延/29km
18年度:件数/55件  延/78km
19年度:件数/68件  延/68km
20年度:件数/94件  延/70km
21年度:件数/103件 延/73km

断水が1日だけで済む最新のライニング

 ライニングであっても室内作業と断水は避けられず、これが残された課題であった。断水は2日間が一般的で、最短でも一昼夜は仮設給水栓を玄関戸等から室内に通さなければならなかった。しかも、室内作業なので、2日間は居住者に在宅をお願いしなければならなかった。
  そこで、作業時間の大幅短縮、1日で終る工法が望まれていた。
  これを実現したのが、大阪ガスのグループ会社・きんぱいリノテックの「ASL2.工法」で、朝着工すれば夕方には水道が使える。
  朝8時半頃に入室し準備作業に取り掛かり、午後3時頃ライニング検査を終えると各蛇口を復旧し、メーター側から各蛇口まで温水を流す。温水によってライニング塗膜の硬化が促進され、4時半頃には完全に硬化する。その後完成検査を経て、夕方6時頃には完了する。


     
工事は作業&検査で進める

品質安定性を確保する均等で滑らかな厚塗り

 居住者の負担軽減を目指して実現させた工法だが、品質の安定性確保も第二の技術目標としている。各作業工程にそれが反映されている。
  管内部の研磨はスチールグリッドまたは硅砂を使い、当然ながら双方向に行う。錆、付着物の取り残しがないように断続空気流で実施している。研磨後に気密テスト(漏洩検査)を実施し、万一の管損傷をチェックする。錆等の除去確認は、新築工事と似ている。テストピグを管内に通して行う。
  ライニングは、管内にエポキシ樹脂を充填し、ライニングピグ(カプセル状)を空気圧で往復させて行う。これにより塗り残しを防ぐと共に、均等で滑らかな塗膜を形成する。
  膜厚は0・5ミリ(直管部は0・3ミリ)以上で、この厚塗りが実現できるのは、ライニングピグの働きによる。
  ピグを通過させているのだから管内に閉塞は無いだろうが、その後に少量のエアーを蛇口側から通して確認している。
  品質を各工程で確保する、1日でライニングを完成させる、この二つがきんぱいリノテックの二大技術目標であった。ASL2.工法は、それを実現した。
  1日で終る利便性と均等、平滑な厚塗りの安心感に加え、注目に値するのが施工実績である。同社がこの工法を採用した平成13年以降、毎年安定して伸び続けている。事後トラブルなどが皆無ともいえる証であろう。
  なお、同社は、雑排水管用には1ミリ以上の厚塗りが可能なDSL工法(ドレン、シャトル、ライニング)を開発。これも1日で工事を完了させる。




ASLII工法 施工実績の推移


(2010年9月号掲載)