改修工事情報

集合管と集合継手の更生工事が可能に/「P・C・GタービンZ工法」を開発

 排水管更生工事を手掛ける株式会社P・C・Gテクニカ(本社・愛知県名古屋市 藤井金蔵社長)は、集合管も更生可能な「P・C・GタービンZ工法」を開発した。これまで難しいとされてきた集合管の更生工事も可能にしたことで、すべての排水管更生工事に対応可能な体制を整えた。


 排水管の改修工事には、「更新工事」と「更生工事」がある。
 配管の耐久性を維持するのであれば、「更新工事」で配管を取り替えてしまうのが理想的だが、工費の問題や長期にわたる工期の間、騒音や排水制限等の居住者に与える負担から、配管が使えるうちは、「更生工事」により配管の延命を図ることが行われている。
 同社は、既存の排水管のなかに新しく管をつくる更生工法「P・C・Gマルチライナー工法」の開発会社である。
 同工法は、排水管立管内を高圧ジェットで洗浄した後、ハイテク繊維を編んだライナーにエポキシ樹脂を含浸させて配管内部に反転挿入することで、内部に別の管を形成する。既存の配管の中に新しく管を形成することから「パイプ・イン・パイプ」とも呼ばれる。


パイプの中にパイプを作る
パイプの中にパイプを作る


 同工法により、工費の削減や工期の短縮化が図れる(「更新工事」の半分程度)ことや、穴の開いた配管など、劣化の進んだ配管でも工事が可能なことから、年々工事実績は増えている。
 しかし、台所、浴室・洗面など複数の排水管をまとめた集合管・集合継手の更生工事は不可能であった。集合管には、本管と枝管をつなぐ集合継手部分に内部の逆流を防止する整流板が取り付けられている。そのため従来の工法では、この整流板が障害となり、集合管内の洗浄とライニングは困難とされてきた。
 このたび同社が開発した「P・C・GタービンZ工法」は、集合管専用に開発した正逆2方向に回転するジェットノズルで集合管内を洗浄し、さらに、正逆2方向に回転するライニングノズルで2度塗りすることで、集合管内をムラ無くライニングする。


集合管専用ノズルを開発
集合管専用ノズルを開発


 また、同工法で使用するライニング装置の小型化にも成功。装置の名称は「リトルジャイアント」。重量120kgと4トントラック搭載の従来装置から運べるまでに。小型ながら、従来装置と同等のライニング能力を持ち、騒音や振動も軽減された。従来装置では駐車場の確保や騒音や振動の問題があったが、「リトルジャイアント」により、問題も解決。まさに「小さな巨人」である。
 また従来装置ではライニング用のホースを上階まで持ち上げる必要があったが、持ち運べるため、屋上に設置して工事施工が可能となり、作業効率も大幅にアップした。


作業効率を大幅に上げたリトルジャイアント
作業効率を大幅に上げたリトルジャイアント


定期的にセミナーも開催

 同社は、全国建物調査診断センターと共催で3ヶ月ごとにセミナーを開催している。
 直近のセミナーは、3月10日(日)、13時30分から(株)住宅あんしん保証本社会議室(東京都中央区京橋)で開かれる。
 セミナーでは同社の藤井社長が「本当に知りたい、20年保証の排水管、集合管更生の実態」と題して講演する。
 セミナーについてお問合せ、お申込みは一般社団法人全国建物調査診断センター 
 電話 03―6304―0278/FAX 03―6304―0279
 メール tatemonochosa@gmail.com まで



(2013年2月号掲載)