大規模修繕関連情報

資金計画

(まず施工会社の募集や選考の方法を決めてからとりかかりましょう)

入札方式
入札により応札価格の低い(安い)施工会社に決める方法。完璧な工事仕様書等が必要となります。
見積り合せ方式
各社からの見積りや工法提案等を総合的に勘案して選考する方法。各社毎にヒアリングすることで施工会社の資質や能力等を判断できます。
特命方式
一般公募しないで特定の会社に依頼する方法。特定の工法等により施工する場合など。

公募方法


関連メディア
見積参加業者の募集広告コーナー(当HP内)
紹介ネット
マン索ねっと関連業界の施工会社
各種専門メンテナンス会社案内(当HP内)

施工会社の募集と選考の手順例

  1. 募集方法・選考方法・選考基準等を決める
  2. 公募等(応募方法、期限、応募資格条件等の明示)
  3. 現場説明会の開催(工事仕様・見積要領・工事現場の説明等)
  4. 応募会社(施工会社)から見積書受領
  5. 入札方式の場合は公開の場で落札業者を決める
  6. 見積り合せ方式の場合は、一定の選考基準を設けて数社に絞り込む
  7. 絞り込んだ数社にヒアリング実施
  8. 見積り価格にヒアリングの結果等を参斟して施工会社を決定

※施工会社の募集や選考経過は公明正大な取り扱いが重要です。

※施工会社の選考は見積り金額だけでなく、施工実績、現場代理人の能力と人柄、職人の資質、アフターケア、評判等々にも重点を置きましょう。

※工事金額は、適正価格という観点からも検討しましょう。不当ともいえるようなダンピングや下請けに丸投げするような施工会社は手抜き工事の元ともなりますので要注意です。

※工事金額のチェックは、使用材料等の数量、投下職人の人数(人区)と賃料(日当)なども比較考量しましょう。

※工法や材料等を施工会社や材料メーカーなどから提案してもらう方法(工法提案型)は、新しい技術等が導入できて理想的です。