大規模修繕関連情報

アフターメンテ計画

(アフターメンテも重要ですから、工事完了時に計画を立てましょう)

※経年チェックの時期、方法、部位(箇所)等は、アフターメンテ計画書に具体的に明記しておきましょう。
例えば、鉄部の塗膜や給水管テストピースは2年毎、外壁や屋根防水等は2年目チェック・5年目チェック・10年目チェック等、施工保証との関連で計画します。

※アフターメンテ計画は竣工時に竣工図書等と一緒に施工側から書面で提出してもらうようにしましょう。