マンションをこれから買う人の情報

上手な物件の探し方

 物件の探し方にもいろいろな方法がありますが、各々一長一短があることをまず知っておくことです。その上であなたに最適な方法を選んで下さい。

イラスト
  1. 新聞広告、チラシ広告等により直接自分で探す方法
     最も一般的な方法ですが、事故やトラブルが多いのもこの方法です。

  2. 不動産業者に直接飛び込み依頼する方法
     業者の信用や実力に対する不安、はたして真剣に探してくれるのかどうかの不安が残ります。

  3. 信用出来る業者を見付けて専任依頼する方法
     最も理想的な方法ですが、信頼出来る業者を見付けるのが難問。友人や知人から紹介してもらえるならこの方法が一番です。この場合は全面的にまかせてしまうのがコツです。

  4. 不動産バザールや住宅友の会等を利用する方法
     本当に良い物件はバザールに掲載される前に売れてしまうという説もあります。住宅友の会の場合は限られた会社の限られた物件を確実に手に入れるには良い方法でしょう。

  5. 友人、知人、銀行などから個人的に物件を紹介してもらう方法
     最も安全でしかも手数料のかからない安上がりな方法ですが、探す範囲が狭いのが難点です。又、なまじ友人や知人の紹介となると「いやでも断りにくい」「事務的に話を進めにくい」などよけいな神経を使う上、意外なトラブルが多いのもこの方法です。

  6. インターネットで探す方法
     これからはこの方法で物件を探すケースが増えてくると思われます。しかし、マンション周辺の環境や管理の程度などは、事前に必ず現地で実際に調べてから行動を起こすようにしましょう。

  7. その他競売物件や勤務先の厚生課窓口を利用する方法など
     最近は、一般の人にも競売物件が入手しやすくなりました。しかし、競売参加保証金、購入価額の一括納付、占有者など、いろいろ問題もあります。競売物件を探すなら、競売のしくみをよく勉強した上で始めましょう。