マンションをこれから買う人の情報

売買契約に当っての注意点

  1. 契約書は細部までよく確認する。

  2. 業者の発行する物件説明書(重要事項説明書等)と契約書の記載内容とを照合する。

  3. 不明な箇所は納得のゆくまで説明してもらう。

  4. 公図写し、実測図、間取り図等の必要な書類や資料は契約締結前にもらっておく。

  5. 口約束はしない。契約書に記載していない内容を取り決めた場合などは、メモ書きにするなどして、必ず署名押印してもらう。

  6. 売主は誰か、所有者は誰か、媒介する業者は売主の代理人としてか、仲介人としてか、などを明確にしておく。

  7. 住宅ローンを利用する場合には、ローンの実行不可の時は契約を解除する旨を契約書に入れてもらう。(買換えの場合も同様)

  8. 契約書には必ず最低次のことを記載する必要があるので契約の際にはよく確認する。
イラスト 
  1. 売買金額  
  2. 支払方法  
  3. 手付金の額  
  4. 違約金の取り決め  
  5. 明渡しの期日  
  6. 天変地変の時の責任の所在  
  7. 特約した事項  
  8. 住戸の附属物(トランクルーム等)は有償か無償か  
  9. 管理費、固定資産税等の精算方法  
  10. 物件の表示  
  11. その他売買条件等(たとえば実測面積によるのか、登記簿記載の面積によるのか etc)