住み替え情報

中古住宅も瑕疵保険の対象


 新築住宅に隠れた欠陥(瑕疵)があったとき、事業者は住宅の引渡し後10年間、基本構造部の欠陥の補修や賠償を確実に行うため、瑕疵保険への加入か保証金の供託が義務付けられている。
 これにより万が一、事業者が倒産した場合でも、補修費用を保険法人から受け取れる。
 中古住宅も瑕疵保険の対象となる。中古住宅の場合、売り主が保険に申し込む。なお、購入する中古住宅が築後10年以内で、瑕疵保険が付いているとき、保険加入の事業者が承認すれば保証は継続するが、10年の期間は変わらない。承認しない時は、中古住宅の瑕疵保険に加入する事になる。
 申し込みを受けた保険法人は建築士の資格を持つ検査員が現場検査を実施し、合格しなければ保険の加入はできない。
 中古住宅の瑕疵保険への加入は任意だが、中古住宅は新築以上に欠陥が気になるもの。保険に入れば、売主、買主共に安心して取引が出来る。
 いずれも通常の住宅取得費以外に、保険料と検査料が必要となる。住み替えによる新しい生活の場が、安全かつ安心して暮らせる事を保証し、万が一の際は保険で助かる事を考えれば、検討に値する支出では。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2012年2月号掲載)