住み替え情報

高齢者向け住宅の種類


 4月から要介護高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるよう「24時間地域巡回型訪問サービス」が始まり、高齢者の生活を支える新たな仕組みが加わった。
 このように、高齢者には様々なサービスが用意されているが、多すぎて分かりにくいのも事実。老後の終の棲家として注目を集める高齢者向け住宅でも、老人ホームやケアハウスなど種類が多く違いが分かりにくい。
 高齢者向け住宅の分類の仕方はいろいろあるが、大きく分けて、福祉施策として厚生労働省が普及を進める「施設」と、住宅施策として国土交通省が普及を進めるサービス付き高齢者向け賃貸住宅などの「住宅」に分けられる。
 さらに「施設」も介護保険が適用される施設(特別養護老人ホーム・老人保健施設など、施設利用自体に介護保険が適用される)と、それ以外の施設(施設利用に介護保険は適用されないが、介護保険サービスは必要に応じて受ける)にわけられる。
 次回からはそれぞれの高齢者向け住宅について、入居の条件や受けられるサービス、利用料金などを説明する。

(集合住宅管理新聞「アメニティ」2012年4月号掲載)