リフォーム事例リフォーム事例

2008年4月のリフォーム事例

自然素材で健康・快適な住空間へ
深呼吸したくなる住まい

壁・天井を珪藻土で施工したリビング
壁・天井を珪藻土で施工したリビング

公団住宅をリフォーム

子供が生れたのを機に、まだ緑が多く残る環境の良い場所にある中古の公団住宅を購入し、リフォームをして快適に住もうという若い人が増えている。そんな自然を好む人たちがリフォームする際には、赤ちゃんの健康も考え、体に害のない自然素材を利用したリフォームを希望する場合が多い。

自然素材の住空間を提案するリフォーム会社・潟gラストでは、インターネットで事業を展開しているせいもあり30〜40歳代の客層が多く、こうした若い人たちによる公団住宅のリフォームの事例も少なくないという。

開放的な空間へ
開放的な空間へ

◆自然素材の「珪藻土」とは

最近ではシックハウス対策として昔からある「珪藻土(けいそうど)」が見直され、自然素材としてリフォームにも使用されている。

珪藻土は、植物性プランクトン(藻)が化石化したもので、昔から火に強い土として、七輪、耐火断熱レンガの原料として使用されてきた。超多孔質で、吸湿・放湿を繰り返しながら部屋の中を最適な湿度に調湿するという特性を持ち、またコテ仕上げによる塗法がデザイン的にも人気を呼んでいる。

ただ、この珪藻土は単体では壁や天井に塗ることは難しいことから壁との付着をよくするために樹脂などのつなぎの増粘剤も構成材料に必ず含まれる。珪藻土のメーカーは約30社あり、それぞれに珪藻土の含有量に違いがある。成分組成を把握した上で慎重に材料選びをしたい。

小さい子供がいるAさん夫妻は、築18年の公団分譲のマンションを自然素材でリフォームした。2部屋を1部屋にしたリビングをメインに、壁天井には珪藻土、床はパイン材で施工し、自然素材を豊富に採り入れた。各部屋の入口部も段差をなくし、やさしい住まいに。

珪藻土は、施工会社が成分量をきちんと説明し提案してくれたメーカーの珪藻土を納得した上で選んだ。

「自然の素材に囲まれた部屋で過ごす時間は、本当に快適です」とAさん。自然素材でリフォームした空間は、赤ちゃんの健康だけではなく、ストレスの多い社会で生活する大人たちにとっても安らぐ住空間になったようだ。

段差も解消
段差も解消
施工中の様子
施工中の様子

  • リフォーム面積/78.34m2
  • 費用/約500万円
  • 工期/約30日間
  • 内容/ 間取り変更3DK→2LDK)、珪藻土塗布、パイン材貼り、クローゼット造作、水周り改善
  • 設計・施工/株式会社トラスト http://www.trust-reform.com
      рO45−903−6358
(2008年4月号掲載)

あなたのリフォーム体験談を募集中

 あなたのリフォーム体験を原稿にしてみませんか。
 「ここはこうしてよかった」「ちょっと失敗した」「お得にできたからみんなに教えて あげたい」などのリフォーム体験談をぜひお聞かせください。
 リフォーム事例またはご自慢のインテリアの写真(2〜3枚またはイラスト、間取り図 )に原稿(800字以内)を添付し、本紙編集室までお送りください。小さなリフォーム 、お金をかけずに自分で工夫した例など、大小にかかわらずご投稿ください。採用された 方には謝礼として5千円を送らせていただきます。匿名希望の方はその旨をご記入くださ い。

〔送付先〕
 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-4-10大成ビル5階
(株)東京プラニング内アメニティ編集室
 TEL03-3666-1973
 メールでも受け付けます。e-mail=info@mansion.co.jp
(文章は「テキストファイル、一太郎、ワード」画像は「jpg,gif」でお願いします)