リフォーム事例リフォーム事例

多彩な機能で進化するトイレ空間/人気のトイレ最新事情

 

 毎日の生活のなかで誰もが必ず使うトイレ。既に一般的になりつつあるシャワー付きトイレをはじめ、子供から高齢者まで安心、快適に使うことができるよう、形状、素材、省エネ性能など、各メーカー様々な工夫が施された機種が発表されている。今回、多彩な機能を備えた最新のトイレ事情をまとめてみた。

お掃除トイレ「アラウーノ」
           

フチなし形状の「ネオレスト」

新素材のトイレ
 これまでトイレの素材として一般的だった陶器に加えて現在、汚れが付きにくく落としやすい新たな素材として、有機ガラス系のものが登場した。
 パナソニックの「アラウーノ」は、便器の素材に、水族館の水槽などに使用される高強度の有機ガラス系の素材を使用。 撥水性のある表面は水アカが付きにくく、汚れが付いても簡単に落とすことができるという。
 洗浄方法も細かな気泡で洗浄した後、食器用中性洗剤を使った泡でさらに小さな汚れを落とし、水流をうずまき状に旋回させる機能を搭載。ブラシを使った掃除が年4回程度ですむという。
人気のタンクレス
 最新のトイレに共通する特徴は従来の水を溜めるタンクをなくし便器と一体にしたタンクレス・スタイルだ。  タンクがないので、水を直結で流すことができ、洗浄力アップや節水、連続使用などが可能になる。
   また、フチから水を流さず、便器の中で渦を巻くように流すことで、フチの形状が大きく変わり、手が届きやすく、拭き掃除がしやすい形状になった。
 さらに、タンクがない分、本体自体がコンパクトになりトイレ室内を広く使える。
 TOTOの「ネオレスト」は、掃除のしやすいフチなしの形状に加え、シャワーノズル部分をスッキリと収納させた「フチなしウォシュレット」やウォシュレット部の前方を持ち上げ、便器とウォシュレットのすき間の汚れを容易に掃除できる「お掃除リフト」機能などがある。
  

コンパクトデザインの「サティス」

進歩する節水性能
 最新のトイレが格段に進歩しているのがその節水性能だ。
 これまで、一般的なトイレの1回に流す水の量が約13リットルだったものが最新の機種では「大」使用時5・7リットル程、「小」使用時4・5リットル程と、約半分以下になっている。
 4人家族で年間約4万5000リットルの節約になり、水道料金約1万2000円の節約になるとの試算もある。
その他様々な機能
その他、主な最新機能には、便器に近づくとフタが自動的に開き、使用後水が流れ、離れるとフタが閉まるオート機能、脱臭機能、香りが流れるフレグランス機能、深夜の使用時、必要以上にトイレ内を明るくしないLED照明を内蔵したものなどがある。
 INAXの「サティス」等では、便器に内蔵されたスピーカーからクラシックなどの音楽が自動的に流れる機能を搭載。
 SDカードに収録された音源は好みの音楽をダウンロードして楽しむこともできる機種もある。
デザイン・カラーリングも豊富に
 最新のトイレはデザインもシックなものやカラーも豊富に選べるようになった。これらの多彩な機種の中から、予算やライフスタイルに合わせた納得のいくものを選び、トイレ空間を快適なものにしたい。
      


(2010年7月号掲載)

あなたのリフォーム体験談を募集中

 あなたのリフォーム体験を原稿にしてみませんか。
 「ここはこうしてよかった」「ちょっと失敗した」「お得にできたからみんなに教えて あげたい」などのリフォーム体験談をぜひお聞かせください。
 リフォーム事例またはご自慢のインテリアの写真(2〜3枚またはイラスト、間取り図 )に原稿(800字以内)を添付し、本紙編集室までお送りください。小さなリフォーム 、お金をかけずに自分で工夫した例など、大小にかかわらずご投稿ください。採用された 方には謝礼として5千円を送らせていただきます。匿名希望の方はその旨をご記入くださ い。

〔送付先〕
 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-4-10大成ビル5階
(株)東京プラニング内アメニティ編集室
 TEL03-3666-1973
 メールでも受け付けます。e-mail=info@mansion.co.jp
(文章は「テキストファイル、一太郎、ワード」画像は「jpg,gif」でお願いします)