リフォーム事例リフォーム事例

復興支援・住宅エコポイント/エコリフォームで被災地支援/取得したポイントは被災地の商品やエコ商品等と交換

 国土交通省・環境省は、住宅の省エネ化推進と東日本大震災の復興支援を目的とした「復興支援・住宅エコポイント」制度を昨年11月にスタート。1月25日より申請の受付を開始した。
 省エネ住宅の新築やリフォームを実施した際にポイントが発行され、被災地の商品や省エネ商品、追加のリフォーム工事代金に充てられるというもの。では、どのような工事を行うとエコポイントの対象となるのか、ここではマンションの専有部分のリフォームを行った場合について話を進める。





 ●対象となる工事
 平成23年11月21日〜24年10月31日の間に工事着手したリフォーム工事が対象で、マンションの専有部分のエコリフォームを行う場合で考えると、内窓の設置工事をすることでポイントの申請ができる。併せて、手すり設置などのバリアフリー工事(または節水型トイレの設置や高断熱浴槽の設置、リフォーム瑕疵保険加入)を行うとさらにポイントが加算される。バリアフリー工事だけでは対象とならない。窓の改修工事と併せて行うことでポイントの対象となる。また、工事請負契約のない工事(日曜大工等)は対象にならない。







 ●ポイントの交換
 取得したポイントのうち半分以上を(1)の「復興支援商品」と交換することが条件。1戸あたりの上限30万ポイント、耐震改修を含む場合は45万ポイント(※過去に発行された住宅エコポイントとの合計)。
 (1)復興支援商品(被災地の産品・製品、被災地の商品券等、または東日本大震災への義援金及び募金等)。
 (2)エコ商品等(省エネ・環境配慮商品、環境寄付、即時交換)※「即時交換」とはエコリフォームを実施した工事施工者が追加的にキッチンなどのリフォーム工事を実施する場合に工事の代金に充てることができるというもの(1ポイント1円換算)。
 ポイント発行の申請期限/エコリフォーム=平成25年1月31日迄(但し、耐震改修を行う共同住宅等の場合は、階数10以下=平成25年10月31日迄、階数11以上=26年10月31日迄)※申請期限前に予算に達した場合はポイントの発行を終了。
 ポイントの交換期限/平成27年1月31日迄。
 <復興支援・住宅エコポイントの問合せ先>
住宅エコポイント事務局TEL0570F200F121(受付時間9時〜17時 土・日・祝日・年末年始含む)
http://fukko−jutaku.eco−points.jp



  
(2012年2月号掲載)

あなたのリフォーム体験談を募集中

 あなたのリフォーム体験を原稿にしてみませんか。
 「ここはこうしてよかった」「ちょっと失敗した」「お得にできたからみんなに教えて あげたい」などのリフォーム体験談をぜひお聞かせください。
 リフォーム事例またはご自慢のインテリアの写真(2〜3枚またはイラスト、間取り図 )に原稿(800字以内)を添付し、本紙編集室までお送りください。小さなリフォーム 、お金をかけずに自分で工夫した例など、大小にかかわらずご投稿ください。採用された 方には謝礼として5千円を送らせていただきます。匿名希望の方はその旨をご記入くださ い。

〔送付先〕
 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-4-10大成ビル5階
(株)東京プラニング内アメニティ編集室
 TEL03-3666-1973
 メールでも受け付けます。e-mail=info@mansion.co.jp
(文章は「テキストファイル、一太郎、ワード」画像は「jpg,gif」でお願いします)