リフォーム事例リフォーム事例


二重床(フローリング)の遮音性能の話−その7−最終回(まとめ)

フローリングの遮音性能基準が変わりました!

 マンション生活のトラブルで一番多いのが音の問題。上下階住戸の音のトラブルが原因で、転居に至った事例は決して少なくない。
 そこで多くの管理組合では、各住戸がフローリング施工する際に一定の遮音基準を指定してトラブル防止に努めているが、この基準表示が5年前から大幅に変更されており、しかも、その事実があまり知られていなかったため、本紙では防音床材メーカーの担当者に執筆いただいて、基準変更の経緯など、6回のシリーズでお届けした。
 管理組合によっては、現在この旧基準の表示にしたがって、例えば「L45または同等以上の性能を有する床材にて施工すること」などと一定の基準を指定していると思われるが、今回はまとめとして、これを機に基準の見直しを検討される場合の材料提供をさせていただいた。

建物の「音」を巡る状況

 すでにお伝えしていますが、床材の遮音性能を表す「推定L値」は、建物自体の遮音性能を示す「L値」と混同され、また「推定L値」の性能試験に一定の決められた試験方法が無く、各メーカーの製品性能が全く違うことがあったため、5年前に廃止されました。
 音については、JIS規格で「床材がどの程度音を遮音したか」の低減量は示していますが、その性能を等級表示することはされておらず、また「住宅品質確保促進法」でも、音環境は住宅性能表示の中で、基準表示が義務付けられていません。
 そのため、床材の性能基準表示は消費者はもちろんのこと、専門家の間にもあまり普及していないのが現状です。
 そのような背景もあって、床材の試験方法を統一し、かつ普及を目指した基準が「凵iデルタ)等級」です。「剴刹堰vにより、どのメーカーの製品でも同程度の遮音性能が期待できることになりました。



 しかしながら、新基準の導入から5年が経過しているので、床材メーカーの基準も全て「剴刹堰vになっているはずですが、カタログに「推定L値」と「剴刹堰vを併記しているメーカーもあり、業界内でも基準の統一化は進んでいません。
 なぜ基準が統一されないのか。二重床メーカーの団体、「日本乾式遮音二重床工業会」によると、「二重床」は試験方法が床高、壁際の納まりなど細かく決められているため、従来の基準を新しい基準に単純に読み替えることができず、その調整に時間がかかっているとのことです。現在同団体では、従来の基準推定L45と同等の性能を持つ二重床は、軽量床衝撃音凾kL3以上、重量床衝撃音凾kH2以上を目安とする方向で検討しているとのことです。



二重床は、床材と床下の支持脚などの遮音システムが一体となって初めて遮音性能が発揮されますので、この程度の基準でも、防振際根太などの床下のシステムを正しく施工すれば、従来基準(推定L45程度)と同程度の遮音性能は確保できると同団体では説明しています。
おさらいになりますが、スプーン等の軽い物を落としたときなどの高い音を「軽量床衝撃音」、子どもが飛び跳ねた時などの重くて鈍い音を「重量床衝撃音」といいます。
以上から、管理組合は基準をどう見直したら良いのでしょうか。
同団体の方向性によれば、「凾kLは3以上、凾kHは2以上」となりますが、先月号のメーカー担当者は、「凾kLは4以上、凾kHはカタログの数値にマイナスが含まれないもの」という考え方を提示しています。
マンションの音で特に問題になるのは「重量床衝撃音」ですが、「凾kH」を最高等級4にするのは、製品価格が高額になるため、「凾kH3」を目安にし、かつカタログの遮音数値にマイナスがないものを選ぶよう、注意が必要です。「凾kL」は、グレードを考慮するならランク4以上が望ましいでしょう。





さらに新しい基準も

 業界内には、さらに新しい基準を模索する動きがあります。
 「剴刹堰vには、凾kHの最高ランク4の低減量に「マイナス」がありますが、基準に「マイナス」を認めるのはおかしい、ということから、「A特性」という基準が検討されています。
 二重床の性能評価は、現在剴刹堰i低減量)で行われていますが、この評価により各社製品の性能評価はできても、実際に人の耳で聞いたときにどの程度の効果を感じ取れるかまでは判断できません。そもそも人の耳は低周波になるほど、また高周波になるほど感度が下がるので、マイクロフォンで計測した値がそのまま人の耳に対しての騒音の大小にはなりません。
 それに対し、人間の耳の感覚を考慮して補正をした値(周波数重み付け特性)がA特性です。
 いつ基準になるのか現時点では全く不明ですが、そのような動きがあることもお伝えしておきます。


(2013年3月号掲載)

二重床(フローリング)の遮音性能の話−その6−

二重床を選ぶ基準について

 昨年8月の連載開始からすでに6回目となりましたが、私の連載はこれが最後です。
 これまでの連載から、推定L値の問題点はおわかりいただけたかと思います。推定L値を基準に使い続ける限り、騒音トラブルがなくなることは無いでしょう。
 次にマンション管理組合が気にされるのは、「今ある基準をどうしたらいいのか?」ということになると思います。
 まず最初に覚えておいて頂きたいことは、例えば、推定LL―40=凵iデルタ)LL―5と言う様な決まりは無いと言うとこです。
 推定L値は本連載の「その2」でご説明した通り、多くの問題点を抱え、不正をして高い性能値をとったメーカーの製品が混在します。それを単純に剴刹奄ニイコールで結んでしまうと、不正なデータがそのまま剴刹奄ナも使用される事になり、剴刹猿ゥ体、意味を成さなくなる恐れがあります。そのため、推定L値と剴刹奄ヘ、まったく別のものとして見る必要があるのです。
 では基準をどう改正すれば良いのでしょうか?
 まず軽量床衝撃音は、凾kL―3がランク的に普通とされています。普通とは、特に良くも悪くもないレベルと思って下さい。ちなみに、推定LL―40のものを剴刹奄フルールで試験し直すと、凾kL―3〜2です。
   床遮音性能の高さを求めるならば、凾kL―4以上にすると良いでしょう。加えて、凾kL―2以下だと性能的に残念なランクになります。
 次に重量床衝撃音ですが、本連載の「その3、4」で説明した、低減量(音をどれだけ遮音したかを表す数値)が重要で、この低減量数値にマイナス数値があると音を大きくする事を意味します。



 注意しなければならないのが、たとえ重量床衝撃音の性能ランクが最高の凾kH―4でも、低減量のマイナスが認められている事です。
 そのため、私は重量床衝撃音の基準は剴刹奄フランクで決めず、「低減量数値にマイナスが含まれないもの」とする方が良いと思います。
 特にマンションの音で問題になるのは、子供が走るなどの重量床衝撃音のため、マイナス数値を認める基準は、居住者の方にとっても不安要素となるでしょう。
 おそらく、入居者の方の年齢層や家族構成などにより、必要とされる性能が異なるので、以上の事を参考に基準を設定されると良いと思います。
 最後に、今まで連載させていただいた内容は、私の過去の経験・実績を元にしてきました。皆様のお役に立てればと思い続けてきましたが、私もメーカーサイドの人間です。全てを信じず、まず疑う事をお勧めします。コスト最優先で音問題に対し、いい加減な対応をする業種の中にメーカーがあるからです。
 一番重要なのは、みなさんが正しい知識を身につけ、厳しい目で業者や物を選ばれる事だと思います。
 まだ話切れていない事もありますが、ご不明な点がございましたら、左記の問い合わせ先にお気軽にご連絡いただけたらと思います。
 長い間、お付き合い頂き、有難うございました。
(竹村工業株式会社 ジャストフロア事業部 竹村 仁)


(2013年2月号掲載)

二重床(フローリング)の遮音性能の話−その5−

遮音床の性能をきちんと生かす施工方法

 前回は二重床の特徴と、特徴を踏まえた凵iデルタ)等級による床材の選び方を説明しましたが、どんなに高性能の遮音床システムを選んでも、現場での施工方法により遮音性能が失われてしまう事があります。


性能を落とすダメ工法

その(1)際根太工法 
 最も遮音床性能を失わせる工法が、二重床を組む際に床下で壁と二重床を木材で固定してしまう工法です。以後、ここでは、『際根太工法』と呼びます。この『際根太工法』は、二重床の性能を約3ランク落とします(弊社試験室での検証結果)。
 例えば、凾kL‐4の二重床を使用しても、『際根太工法』施工後の性能は凾kL‐1になってしまいます。
 一見、性能がダウンするのはあたりまえの様に思われますが、現場ではあまり注意されず、施工もしやすいことから『際根太工法』で二重床を組む例が多く見られます。


その(2)フローリングと幅木を接触させる工法
 続いて性能を落とす施工方法が、フローリングと幅木を接触させる施工です。この施工をした場合、二重床の性能は約2ランクダウンします(弊社試験室での検証結果)。
 以上が、代表的な性能を落とす施工例です。




理想的な施工方法

 それでは、どのように施工するのが良いのでしょうか?
 それぼど難しいことではありません。二重床と建物の壁との間にほんのわずか隙間をとればいいのです。
 前記2つのダメ工法は、床と壁が際根太や幅木を通して接触しているため、床に加わった衝撃が壁に伝わり、さらに壁を通してスラブに伝わり騒音となります。隙間があれば衝撃が伝わらず、騒音にならないのです。
 幅木とフローリングに隙間をあけると「手抜き工事に見える」とか「隙間にゴミがたまる」などの意見をお客様から頂く事がありますが、どうか隙間の意味を理解してください。どうしてもゴミが気になる場合は、ゴミが入りにくい幅木にするなど、対応する方法はあるのです。



 施工方法により遮音性能が悪くなった部屋は、最悪の場合床工事のやり直しになってしまい、そのままにすれば、その部屋で暮らす方が音のクレームを受ける可能性が高くなります。
 以上の様に、床に高い遮音性能を求める際には、正しく遮音床システムを選ぶだけでなく、きちんと性能を発揮できる工法で施工する事が重要なのです。 (つづく)


 あけましておめでとうございます。


 「二重床(フローリング)の遮音性能の話」を連載している竹村工業(株)ジャストフロアー事業部事業推進リーダーの竹村です。
 マンションに住む方にとって、上下階の音問題は非常に深刻かつ重要な問題にも関わらず、間違った情報・いい加減な対応により、お客様が悲しむケースを、何度も目の当たりにしてきました。
 私は、知識が有る事はもちろん、きちんと説明・対応をし、お客様の希望に答えるのが「プロ」と思っていますが、あまりにも遮音に対して知識もなく、対応の悪い業者が見られます。
 微力ではありますが、本紙連載を読まれたお客様(住戸に実際住まわれている方)に、現状や情報をお伝えし、住戸に住んだ後、音問題により悲しい思いをするリスクを少しでも減らせられたらと思っております。


(2013年1月号掲載)

二重床(フローリング)の遮音性能の話−その4−

二重床とは

 前回は凵iデルタ)等級の説明と、剴刹鴛\の見方について説明しました。ところで、この剴刹鴛\は、「二重床」の性能について表したものです。「二重床」とはどのようなものでしょうか。
 マンションのフローリングには、主に2つの工法が採用されています。
 ひとつが「直張り」で、コンクリートスラブの上に直接接着剤で下地とフローリング材を貼り付けます。
 もうひとつが「二重床」で、簡単に言えば、床下に空間(12〜15cm程度)がある床構造を言います。さらに詳しく見ると(図参照)、建物のコンクリートスラブの上に、支持脚や材木などを使い、その上に床下地を載せて、さらにその上をフローリング材で仕上げます。
 床下に空間を作ることで、ガス管や水道管などの配管スペースとして利用することが可能で、水漏れなどが発生したときにメンテナンスが行いやすいという特長があります。また、配管の位置を変えやすいため、リフォームで間取の変更を行いやすいことも特長です。
 関東圏のマンションの床構造は「二重床」が多く、関西圏のマンションは「直張り」が多いとされています。



 自宅が「二重床」かどうかの見極め方は、水回りと他の部屋の床の高さが一緒なら、「二重床」と考えていいでしょう。
 さて、この「二重床」ですが、床面とコンクリートスラブとの間に空間があるため、コンクリートスラブに直接衝撃が伝わらず、遮音性に優れた工法とされています。
 しかし、「重量床衝撃音」は音を大きくしてしまう場合があります。
 床の遮音性能を見るとき、スプーンなどの軽いものを落としたときの高い音「軽量床衝撃音」と、子どもの飛び跳ね音など低くて鈍い音「重量床衝撃音」の2つがあります。
 「軽量衝撃音」は床の表面を柔らかい床材で仕上げれば遮ることが可能ですが、「重量床衝撃音」は、床材よりもスラブの厚さに遮音性能が左右されるため、床材だけで遮るのは難しいのです。
 重いものを落とせば、その衝撃が建物を振動させ、それが音となって伝わります。スラブが厚いほど振動が小さくなるため、「重量床衝撃音」はスラブの厚さに左右されるのです。
 「二重床」の場合、床に加えられた「重量衝撃音」は、床を支える支持脚を通してスラブに伝わります。このとき、床とスラブがちょうど太鼓のたたく面と反対側の面と同じ関係になり、音が共振して反対側の面の音が大きくなり、下階に音が伝わってしまうのです。
 「太鼓」も叩いた側より、反対側の方が共振により音が大きくなります。これを「太鼓現象」といいます。
 マンションの騒音問題で、一番多いのがこの「重量床衝撃音」です。そのため、「二重床」のマンションで騒音対策のためにリフォームを行うときには、剴刹奄ナ言うと、凾kH等級の高いもので、なおかつ、低減量数値にマイナス(マイナスの付いているものは音を大きくする)の付いていない床材を選ぶことが大切なのです。(つづく)
(竹村工業株式会社ジャストフロア事業部 竹村 仁)


(2012年12月号掲載)

二重床(フローリング)の遮音性能の話−その3−

凵iデルタ)等級とは

 前回は二重床の遮音性能を示す「推定L値」の問題点を説明し、変わりに適用された「凵iデルタ)等級」で問題が解決できるようになったとお伝えしました。
 では、「剴刹堰vならなぜ問題を解決できるのでしょうか。
 凵iデルタ)とは、2つの数値の差を意味し、剴刹奄ヘ、床材の性能試験で、床に衝撃を与えた時に下階で得られた音を、建物の床に何もない状態と、床に床材を置いた状態で測定し、その差(床材がどれだけ音を遮ったか)を表しています。
 床材の性能試験は、「音」と「たわみ」の試験を行います。「音」は床材の音を遮る性能を、「たわみ」は床材の重さに対する性能を見るもので、試験体に床材を載せて行います。





 一般に柔らかいものほど音を抑えますが、柔らか過ぎると床材としては不適切です。そのため、固い床材を選びたいところですが、固いものは逆に音を伝えやすいのです。
 そこで、「推定L値」では、音の試験では試験体に柔らかいゴムを使い、たわみ試験では固いゴムを使うというように、試験体を別々に組むことで、床材メーカーにとって都合の良い試験を行うことがありました。
 一方、「剴刹堰vは、音の試験もたわみの試験も同じ試験体を使います。
 また、試験体の部材の材質や床の高さなど新たに基準が決められ、実際に床材が使われる現場に近い状態で試験体を組んで試験を行います。
 そのため「剴刹堰v表示の製品であれば品質のバラツキがなくなり、また実際にリフォームで床材を使用したとき、より数字に近い性能が得られるようになりました。


「剴刹堰vの見方

 では「剴刹堰vで、性能を判断するにはどうしたら良いのでしょうか。
 「剴刹鴛\記」には、スプーンなど軽いものを落としたときの音の低減量を示す「凾kL等級」と、子どもが飛び跳ねたときなど、重いものを落としたときの低減量を示す「凾kH等級」の2つがあります。
 「凾kL等級」は1〜5の5等級、「凾kH等級」は1〜4の4等級で、数字が大きいほど性能が高いのです。
 参考までに「凾kL‐3」及び「凾kH‐2」以上であれば、従来の推定LL40、推定LH50と同等の性能があるとされています。
 数値が大きいものを選べばいいのですが、表記の中にマイナスがあるものは注意が必要です。マイナスが付いたものは、音を逆に大きくしてしまうのです。
 表1は「財団法人日本建築総合試験所」の等級表記指針です。これは、床材が抑えなければならない音の下限値を表していますが、「凾kH」の表記を見ると、最高ランクの「凾kH‐4」でも125Hz以上はすべてマイナスが付いています。
 つまり、下限値さえ満たせば、最高ランクの等級を得られるのです。
 現在、業界ではこの点を問題として下限値の見直しを進めていますが、今、市場に出ている製品の中には、音を大きくしてしまうものも最高ランクで流通しています。
 そのため床材を選ぶときには、「剴刹堰vのランクだけで製品を選ばず、カタログの数値も確認し、マイナスが付いていないものを選ぶようにしましょう。




 なお、11月14日(水)〜16日(金)まで、東京ビッグサイト東ホールで開催される「ジャパンホームショー2012」に弊社は出展します。
 床材の等級違いによる音の聴こえ方の違いなどを実際に体験していただけますので、どうぞご来場ください。(つづく)
(竹村工業株式会社ジャストフロア事業部 竹村仁)


(2012年11月号掲載)

二重床(フローリング)の遮音性能の話−その2−

推定L値の問題点

 前回は「L値」と「推定L値」の違いを説明し、5年前に「推定L値」は廃止されたということをお伝えしました。
 では、「推定L値」はなぜ廃止されたのでしょうか。
 「推定L値」の測定の仕方ですが、本来は、床材が使用される現場(建物の床)で実際に性能試験を行い、試験の仕様も細かく指定すべきなのですが、既存の建物で測定するのは現実には難しいため、各メーカーが床材ごとに各々性能試験を行って、数値を出していました。これが「推定L値」です。そこで、自社製品に有利な結果が出るような試験を行うメーカーもありました。
 その結果、カタログでは推定L40(数字が小さいほど遮音性能が高い)と書かれた製品があっても、正確に試験を行って数値を出したメーカーと、そうではないメーカーの商品が混在してしまい、これでは消費者は正しく比較検討ができません。
 場合によっては、推定L40と書いてあっても、実際に使ってみたら、L60の性能しかない製品を買わされるケースも考えられます。
 L40とL60では、遮音性能にどの程度違いがあるのかなかなか分かりにくいですが、その差はかなり大きなものです。
 日本建築学会の遮音性能基準によれば、上階で人の走り回る音や飛び跳ねる音が、L40では「かすかに聞こえるが、遠くから聞こえる感じ」なのに対し、L60では「よく聞こえる」とあります。 また、生活実感として、上階の気配をL40は「上階でかすかに物音がする程度で、気配は感じるが気にならない」のに対し、L60は「上階住戸の生活行為がわかり、スリッパ歩行音もよく聞こえる」とあるように、かなり違いがあります。
 このように、名前が似ている「L値」と「推定L値」ですが、内容はまるで違います。しかし、二つの違いが分からず、かつ「推定L値」廃止の事実も浸透していないため、「推定L値」で床材を選んでリフォームをした結果、「リフォーム前より騒音がひどくなった」などのトラブルが今も後を絶ちません。
 廃止になった「推定L値」は重大な問題点を持っていますが、床材メーカーは「推定L値」を使ったほうが都合が良いため、「推定L値」で商品説明をしているケースがいまだにあるようです。
 しかし、新しく適用されたΔ(デルタ)等級表記により、この問題を解決できるようになりました。(つづく)
(竹村工業株式会社ジャストフロア事業部 竹村仁)


 ※フローリングには、下地に直接床材を張り付ける「直張り」と、防振脚で支持したパネルの上に床材を載せる「二重床」があります。「直張り」にも「推定L値」が使われ、「二重床」同様現在は廃止されていますが、「二重床」よりも性能のブレが小さかったため、本稿では性能のブレが大きく、問題の多かった「二重床」に話を特化しています。




(2012年10月号掲載)

二重床(フローリング)の遮音性能の話−その1−

 専有部分のリフォームで床をフローリングにする際に、下階との騒音トラブル防止のため、床材の遮音性能基準(日本建築学会/L値)を指定している管理組合も多い。しかし、この「L値」は、実際には「推定L値」と呼ばれており、性能基準を的確に表す「L値」とはまるで異なるところに問題があった。現在は問題の多かったこの「推定L値」を廃止して、床材の新たな性能基準にΔ(デルタ)等級が使われている。いずれにしても消費者にはかなり分かりにくい。そこで、管理組合や、これからリフォームをしようとする人の参考になるよう、「L値」と「推定L値」の違いや、なぜ「推定L値」を廃止し、「Δ等級」を使うようになったのか、その背景や問題点等について、防音床材メーカーの担当者に解説していただき、シリーズでお届けする。

トラブルの多かった推定L値は5年前に廃止

 「L値」とは、建物の床で床材の上から直接衝撃を与え、下階で音を測定し、どの程度音が遮られたか(建物全体の性能値)を表した数値のこと。つまり、建物床で実際に測定した数値が「L値」です。
 この「L値」の測定は、新築の建物なら下階での測定は容易ですが、人が住んでいる既存の建物で測定するのは現実には難しいことです。
 そこで各床材メーカーは、二重床などの遮音性能を試験室で床材ごとに独自に測定し、数値をカタログに記載しています。しかし、この数値は試験室で測定した結果から、この程度の性能があるだろうという「推定値」のため、「推定L値」と呼ばれ、「L値」とは違うものなのです。
 管理組合が「L45以上」などと指定しているのは、実は「推定L値」のことなのです。
 この「推定L値」は平成19年に様々な問題が指摘され廃止となりました。(つづく) (竹村工業株式会社ジャストフロア事業部 竹村仁)


 ※フローリングには、下地に直接床材を張り付ける「直張り」と、防振脚で支持したパネルの上に床材を載せる「二重床」があります。「直張り」にも「推定L値」が使われ、「二重床」同様現在は廃止されていますが、「二重床」よりも性能のブレが小さかったため、本稿では性能のブレが大きく、問題の多かった「二重床」に話を特化しています。





(2012年8月号掲載)

あなたのリフォーム体験談を募集中

 あなたのリフォーム体験を原稿にしてみませんか。
 「ここはこうしてよかった」「ちょっと失敗した」「お得にできたからみんなに教えて あげたい」などのリフォーム体験談をぜひお聞かせください。
 リフォーム事例またはご自慢のインテリアの写真(2〜3枚またはイラスト、間取り図 )に原稿(800字以内)を添付し、本紙編集室までお送りください。小さなリフォーム 、お金をかけずに自分で工夫した例など、大小にかかわらずご投稿ください。採用された 方には謝礼として5千円を送らせていただきます。匿名希望の方はその旨をご記入くださ い。

〔送付先〕
 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-4-10大成ビル5階
(株)東京プラニング内アメニティ編集室
 TEL03-3666-1973
 メールでも受け付けます。e-mail=info@mansion.co.jp
(文章は「テキストファイル、一太郎、ワード」画像は「jpg,gif」でお願いします)