リフォーム事例リフォーム事例


築30年団地を現代風に再生/間接照明などで広がりある空間に

 築後約30年、PC壁構造5階建ての団地の全面リフォーム。約30年前の設計であるため、DKとリビングが分離していて、非常に住みにくく、床面積はあるものの開放感のない窮屈感のある間取りだった。これまで数回のリフォームを行ってきたが、壁構造のため、根本的な間取りの変更は完全に諦めていたという経緯がある。
 PC壁構造は、壁の制約が改修プランに大きく影響すること、設備配管もその制約を受け、従来の間取りから離れた大幅な変化をしにくいなど、問題が多い。そこで3Dソフトを用いて撤去できない構造部をあらかじめプロットし、邪魔な住戸内部の耐力壁や、たれ壁に対しどのような意匠を加えれば豊かな空間になるかをパソコンでシュミレーションした。


 その結果、PC壁構造という厳しい制約の中で、視覚的な広がりを最大限得られる空間を巧く創り出すことに成功。
 居室は極力建具なしのワンルームとし、主寝室には半透明の可動間仕切りの使用により、開放時には居間全体に明るさと開放感を与え、閉鎖時には遮断・プライバシー機能を持たせた。
 リラックスできる間接照明の設置や採光・通風にも配慮した。犬の室内飼いに適した機能的な空間もつくった。

     
窮屈なPC壁構造の制約の中で創った新しい空間        壁を柱のようにデザイン



 また、建具を枠と共に撤去したため高さにゆとりができた。身長の高い奥さんは、リフォーム前の高さ1・8mの建具に悩んでいたが、ゆとりある空間に生まれ変わったことに非常に喜んだ。

   


ネットで建築家探し

 施主は、犬を飼っていたので、ネット上でペットに詳しい建築家を探し、その意見を確かめた上で、面会を行って、設計依頼をした。設計中もインターネットによるやりとりを行ったことで、素早い意志決定ができ、また3D画像による空間の提示は効果的だったという。

     
オリジナル犬小屋内蔵家具と間接照明       寝室とリビングの間は半透明の可動式間仕切りで


   ◇

工事面積/79・83m
総工事費/6700万円
設計会社/(有)ファウナ・プラス・デザイン一級建築士事務所
施工会社/(有)内木場工務店
 (この作品は、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催「第25回住まいのリフォームコンクール」において、様々な創意工夫を駆使して、壁構造リフォームに新たな手法を生み出した点が高く評価され「国土交通大臣賞」を受賞した。)


(2013年8月号掲載)

あなたのリフォーム体験談を募集中

 あなたのリフォーム体験を原稿にしてみませんか。
 「ここはこうしてよかった」「ちょっと失敗した」「お得にできたからみんなに教えて あげたい」などのリフォーム体験談をぜひお聞かせください。
 リフォーム事例またはご自慢のインテリアの写真(2〜3枚またはイラスト、間取り図 )に原稿(800字以内)を添付し、本紙編集室までお送りください。小さなリフォーム 、お金をかけずに自分で工夫した例など、大小にかかわらずご投稿ください。採用された 方には謝礼として5千円を送らせていただきます。匿名希望の方はその旨をご記入くださ い。

〔送付先〕
 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-4-10大成ビル5階
(株)東京プラニング内アメニティ編集室
 TEL03-3666-1973
 メールでも受け付けます。e-mail=info@mansion.co.jp
(文章は「テキストファイル、一太郎、ワード」画像は「jpg,gif」でお願いします)