リフォーム事例リフォーム事例


曲線の間仕切り壁で奥行きのある空間づくり/廊下をシンボリックゾーンに

(リフォームの動機)

 マンションの借家住まい(60m)も手狭となり、子供の中学進学を機に同じマンション9階の住戸(約80m)を購入し、リフォームを決断した。



曲線の間仕切り壁の内側は使いやすいコンパクトなキッチンを配置


(設計のポイント)

 玄関からの導入をリビングまで続くアールの壁を持つギャラリー空間とした。図書室を兼ねたこの空間が住まいのシンボリックゾーンとなっている。住宅の廊下のあり方についての一つの提案と考えている。
 カラースキームは長年愛用のダイニングテーブルの色に合わせた木部と白色AEP(アクリルエマルションペイント)の組み合わせを基本にシンプルな計画とした。
 バルコニーの無い腰窓に危険防止とプライバシーの保護の目的で内側に面格子、サッシとの間にロールスクリーンを設置した。


(主婦の感想)

 水廻りがコンパクトで回遊性があり大変使い易く、同時に空間に広がりがあって心地良い時間を過ごしている。
 築16年
 工事面積/79.62m
 工事費用/975万円
 設計/(有)ビーデザイン
 施工/(株)エクトス
    ◇
 本作品は、狭く見えがちなマンション住戸に大きな弓形の間仕切壁を入れ、奥行きと広がりを生み出していることや、裏側には回遊性のある水廻りをコンパクトにまとめ、機能的にも優れており、汎用性の高い手法と評価されたことから、(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催「第21回住まいのリフォームコンクール」において優秀賞に選ばれた。


                   
玄関からリビングまで続くギャラリー空間    リフォーム前           リフォーム前の廊下



(2016年7月号掲載)

あなたのリフォーム体験談を募集中

 あなたのリフォーム体験を原稿にしてみませんか。
 「ここはこうしてよかった」「ちょっと失敗した」「お得にできたからみんなに教えて あげたい」などのリフォーム体験談をぜひお聞かせください。
 リフォーム事例またはご自慢のインテリアの写真(2〜3枚またはイラスト、間取り図 )に原稿(800字以内)を添付し、本紙編集室までお送りください。小さなリフォーム 、お金をかけずに自分で工夫した例など、大小にかかわらずご投稿ください。採用された 方には謝礼として5千円を送らせていただきます。匿名希望の方はその旨をご記入くださ い。

〔送付先〕
 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町2-4-10大成ビル5階
(株)東京プラニング内アメニティ編集室
 TEL03-3666-1973
 メールでも受け付けます。e-mail=info@mansion.co.jp
(文章は「テキストファイル、一太郎、ワード」画像は「jpg、gif」でお願いします)