リフォーム情報リフォーム情報

「シックハウス対策」と今後の改修工事への提案

建築基準法改正の規制内容と材料等の選択

「シックハウス対策」の一環として、改正建築基準法が2003年7月1日より施行されている。
 改正の中身は、シックハウスの対象物質を「ホルムアルデヒドとクロルピリホス」とし、居室内に使用する建材に制限を加えたものである。
 シックハウス症候群・シックハウス症候群とかシックスクール症候群と呼ばれる健康障害が大きな話題になっている。
 この建築障害はまさに現代病で、様々な化学物質から放散される物質が人体に悪影響を与えることで発症する。
 例えば、シックハウス症候群の定義によると「そのビルで働く人々の20%以上がそのビル内に居ると不調を訴え、そのビルから離れると不調感が直るか軽減する。また不調の原因が特定されなくとも良い」に該当すると、そのビルはシックビルと認定される。
 認定されると、そのビルが改善されないと使用禁止になる。この原因は様々な化学物質によるものとされている。

 厚生労働省は様々な調査を経て、現在13物質を対象物質として濃度基準を設けてる。
 文部科学省は、「シックハウススクール症候群」対策として13物質の中から「ホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・パラジクロロベンゼン」の4物質を対象とし、工事終了後の引き渡し時に測定し、対象物質が規定濃度以下であることの確認を義務付けている。


濃度指針


 測定データが基準値を上回ると、その工事が引き渡せない。
 改正建築基準法では、ホルムアルデヒドとクロルピリホスを対象としホルムアルデヒドには使用制限をつけ、クロルピリホスは使用禁止としている。
 因みにクロルピリホスは塗料からの放散はないので対象外である。現地で塗装される塗料が対象で、ホルムアルデヒドの放散量が規制対象になる。
 ホルムアルデヒドの使用制限とは、居室内に使用される各種建材(塗料も対象になる)から放散されるホルムアルデヒドの放散量により等級を設け、使用できる面積を制限している。


等級分類


 この放散等級をF☆マークで現し、商品に表示している。居室に安心して使用できるのは「F☆☆☆☆マーク品」で無制限に使用できる。
 他に「F☆☆☆マーク品」があるが、それぞれ計算敷に当てはめ、使用できる面積を算出しなければならない。
 筆者は、様々な建材が混在されるなかで、塗料は「F☆☆☆☆マーク品を使用すべき」と思っているし、十分に対応できる品揃えはできている。詳しくは次回に述べる。
 忘れてならないのは「改正建築基準法では自動換気を必要条件と位置付け、換気能力により使用面積が影響を受ける」ことであるし、シックハウス対策の重要な役割を担っていることである。
 なお、居室の定義は以下を参照されたい。


居室定義


 今後の改修工事ではどこまで規制物質を考慮するかである。改正建築基準法でのホルムアルデヒドとクロルピリホスでよいのか、学校規制にあるトルエン・キシレン・パラジクロロベンゼンまで含めるのかを考える必要がある。
 パラジクロロベンゼンは塗料からの放散はなく、洋服箪笥等に使用されている防虫剤から放散されるケースがある。
 改修工事では、対象になる居室内の対象物質濃度を測定してから工事に掛からないと、万が一、シック問題が発生した場合、責任の所在が曖昧になる。
 ただし、塗装工事のみであれば、「F☆☆☆☆マーク品の塗料」を使用すれば「ホルムアルデヒドの放散」については問題ない。
 トルエン・キシレンを対象に考えるなら、さらに塗料組成を確認する必要がある。
 日本ペイント(株)では、これらの環境性能が分かり易いように「環境ガイドブック」を発行している。

環境対応形塗料の選択

 屋内健康(シックハウス)対策に「改正建築基準法」が施行され、塗料関連では「ホルムアルデヒド」の使用制限が適用されていることは、すでに解説した。
 この他、厚生労働省では「13物質の規制」、文部科学省では「4物質の規制」があり、東京都では「化学物質の子供ガイドライン/鉛ガイドライン(塗料編)や室内空気編」を発表し推進している。
 更に国土交通省では「改正建築基準法」施工後、官庁営繕部から地方整備局へ「ホルムアルデヒドの他、アセトアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベンゼン及びスチレン」の6物質の濃度測定義務化の動きがある。
 早晩、建築基準法に追加されるものと考えられる。
 このような動きに合わせ、屋内用塗料は環境(健康:シックハウス)対応型が当たり前になっている。
 残る課題は「揮発性有機化合物含有量」で、形はまだ見えないが2005年〜2006年には揮発性有機化合物の規制が出てくるようだ。
 揮発性有機化合物含有量は少ないにこしたことはないが、問題は規制物質がふくまれているかどうかである。
 揮発性有機化合物は「VOC」と表現され、メーカーによってはすでに「VOC:0%」を謳っているが、誤解を招く恐れがある。
 一般的にVOCは「沸点250℃〜260℃以下の揮発性有機化合物」で、沸点がこれ以上の揮発性有機化合物は「T−VOC」として塗料に含有している揮発性有機化合物総量を現している。本来は、「VOC含有量 0%」ではなく「T−VOC 0%」で表現しなければならない。
 万が一、「VOC :0%」であっても「T−VOCで含有していれば」消費者に誤解を与えることになる。日本塗料工業会は「T−VOC:1%以下」を指針値としている。
 消費者から見て、取りあえず「ホルムアルデヒド」の放散については、塗料に表示されている「F☆☆☆☆マーク」で判断できる。
 他の規制物質については、各社の発行している「環境対応資料」を見て判断することになる。
 日本ペイントは分かり易い「環境ガイドブック」を発行しているので参考にされたい。


環境ガイドブック


「エコフラット、水性ハイシルク、オーデコートGエコなど」品揃えは十分である。
 一方、屋外に目を向けると、屋内塗料のような規制はない。しかし、屋外といえども塗り替え塗装工事は、居住者の身近で行われる。屋内ほどシュビアーになることはないが、やはり環境や健康に優しい塗料を選びたい。
 結果的には水性塗料を選択することである。現在の外壁塗り替え塗料の主力は下塗りから上塗りまで水性塗料であり、日本ペイントには多くの実績を持つ「オーデリウォールシステム」がある。
 この塗装仕様は下地の劣化程度に応じて、下塗りに微弾性フィラー「アンダーフィラー弾性エクセル」か、厚膜シーラー「水性シルクシーラー厚膜」を塗装してから、仕上げ材に水性ウレタン塗料「オーデフレッシュU100U」や水性シリコン塗料「オーデフレッシュSi100U」を使用して仕上げる。
 鉄部塗装でもオール水性仕様が可能になり、水性エポキシさび止め塗料「水性ハイポンプライマー」と水性ウレタン塗料「水性ファインウレタンU100」が使用できる。
 どうしても条件的には水性塗料では難しく、溶剤系塗料を使用する場合は、弱溶剤系塗料を選択したい。ただし、弱溶剤といっても溶剤であることは間違いないので、外部といえども溶剤が滞留しないような工夫は必要である。


(文責・日本ペイント販売東日本株式会社 環境技術本部 川島 敏雄)