リフォーム情報リフォーム情報

簡単・快適!二重窓で断熱・防音・防犯性能を向上


Aは既存窓、Bは「まどまど」図のような感じで設置も簡単。

冬・結露の季節到来!

冬場の結露は、部屋の中で比較的温度の低い窓周辺が発生しやすく、朝起きると窓ガラスが結露で濡れていたり、暖房を使用しても窓周辺は、温まりにくかったりします。住宅の窓ガラスに多く使われている単層ガラス(一枚ガラス)や、窓枠の素材であるアルミサッシは熱伝導率が高く外気の影響を受けやすいので、冬場は窓周辺の温度が低くなってしまいます。

それでは窓を断熱性の高いものに交換すれば良いのでは?と、考えてしまいますが、マンション居住者にとって窓は、共用部分のため戸別(各戸)の判断で交換することは(各管理組合規約により)難しい状況です。

旭硝子が提案するインナーウインド(室内用の後付け二重窓)「窓窓(まどまど)」は、既存窓を現状のままで、専有部分内だけの施工でカンタンに取り付けられます。また、断熱性能だけでなく、防音・防犯にも優れた性能を発揮します。

断熱性の向上

既存窓のガラスが単層ガラスであれば、冬の室内暖房の48%もの熱が窓から逃げ、夏は窓から入ってくる熱が家全体の71%にも達します(戸建住宅の場合)。この状況では、冷暖房は無駄な消費になってしまいます。しかし、既存窓に「まどまど」(複層ガラス入り)を取り付けることで、既存窓と「まどまど」の間にできる空気層と、二重窓の窓枠素材PVC樹脂が、外気の熱伝導率を下げ、既存窓の約3倍の断熱効果が得られます。これにより室内が一定の温度に保たれるため、身近なことでいえば冬の朝でも、フトンから出やすくなります。もちろん冷暖房費も大幅に削減できます。


既存窓と「まどまど」の間にできる空気層で音の出入りを大幅に削減。

防音性の向上

80デシベルとは人が「うるさい」と感じる、救急車のサイレンや滝の近くで聞く音で、40デシベルとは「静か」と感じる、深夜の郊外や静かな公園で聞く音です。マンションの構造(気密性)によって多少効果は異なりますが、既存窓に「まどまど」を取り付けるだけで、屋外の80デシベルの騒音が屋内では40デシベルにまで大幅に削減することができます。

住宅の窓の防音は引違いサッシの開閉形状などから窓単体では防音性能に限界があります。そこで、漏れた音をもう一回カットする二重窓方式がもっとも効果が期待できるシステムだと考えられています。

防犯性の向上

マンションにおける空き巣狙いの侵入方法で、最も多いのはガラス破りで42.3%。また、侵入をあきらめる時間として、5分以内が69%とされています。つまり、窓はセキュリティ環境の中ではウイークポイントですが、侵入者がガラス破りに5分以上かかる窓であれば、侵入される可能性は低く抑えられるということが、これらのデータから読み取れます。既存窓の交換が戸別(各戸)ではできないマンションでは、「まどまど」を取り付け、侵入するのに5分以上かかる窓を作ることが最大の防犯対策になります。二重窓には「窓が2枚もある…」と侵入を抑止する防犯視覚効果もあります。

簡単施工で補助金のサポートも充実

「まどまど」はスピーディに施工できる、完全オーダーメイドの内窓システムです。事前に開口部の採寸をし、既存サッシの室内側窓木額縁に設置します。既存窓が引違い窓であればクレセント(鍵)を回転させ、室内側に一番出ている部分(もしくは内召合せ框)から70mmのスペースがあれば簡単に取り付けられるため、部屋が狭くなるような圧迫感はなく、既存窓と同じスペースに二重窓がスッキリと収まった仕上がりになります(他多数オプションあり)。施工時間は標準的な施工の場合で1窓あたり約30分〜1時間しか掛からないので、約1日で施工完了します。

「まどまど」はNEDO断熱リフォーム補助金制度の対象商品なので、材工費用の3分の1相当額がNEDOより補助されます。NEDOとは、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構のことで、現在お住まいの住宅の窓を断熱改修する方が対象で、持家(戸建・マンション問わず)であれば、どなたでも応募できます。審査や応募者が増えると抽選がありますが(昨年は1.3倍程度、今年は1.1倍程度でした。)、申し込む価値は十分にあります。今年の申込期間は終了してしまいましたが、詳しい情報は、「まどまど」または、「NEDO」のHPをご覧ください。

【お問い合わせ先】

旭硝子(株)
日本事業部・ウインドウグループ太田氏
TEL:03-6238-4540
http://www.madomado.jp/
(2006年11月号掲載)