リフォーム情報リフォーム情報

独自のビジネスモデルでリフォーム市場の拡大に貢献する事業者/リフォーム会社選びの目安にも

 人口減少などにより将来的に新築住宅需要の減少が見込まれ、既築住宅を有効に活用することが求められる時代になっている。こうしたなか、住宅リフォーム市場において、これまでにない事業手法、異業種からの参入、異業種との連携といった新しいビジネスモデルにより、新たな空間価値創造等を消費者に提案し、成功する事例が出てきた。
 一方、消費者からは、「どのリフォーム事業者に頼んでよいか分からない」といった声が聞かれている。
 このため、経産省では、リフォームを「消費者の住まいに関する多様なニーズに応えるビジネス(サービス)」として注目し、リフォーム市場全体の発展につなげることを目的に、リフォームビジネスの拡大に広く貢献する事業者の取組を選定・表彰し、先進的なリフォーム事業者の見える化を図るとともに、ベストプラクティスとして発信する「先進的なリフォーム事業者表彰」事業を今年度創設した。応募総数112社の中から、先進的なリフォーム事業者21社を今年2月に選定。来年度は、対象を全国に拡げて表彰事業を引き続き行う予定としている。

経済産業省の「先進的なリフォーム事業者表彰・シンポジウム」のご案内 pdfはこちらから http://www.meti.go.jp/press/2014/01/20150109001/20150109001.pdf



(集合住宅管理新聞「アメニティ」 2015年10月号掲載)