住まい方

テレビ画面をマンションの掲示板に


 管理組合からの連絡やその他の連絡事項が張り出される掲示板。前を通っても見逃してしまったり、忙しい時は新しい内容が掲示されていても気が付かないこともある。
 掲示板を見逃さず、いつでも簡単に見る方法は無いか。そんな期待にこたえてくれるのが、デジタルテレビ掲示板だ。

デジタルテレビ掲示板とは


 デジタルテレビ掲示板は、ヒロテック株式会社と有限会社アクセスビジョンが共同開発した、デジタル放送の空きチャンネルを利用したデータ放送システム。掲示板の内容が、そのまま各家庭のデジタルテレビに表示されるようになっている。
 総合病院にいった時に、待合室で「今日の担当医名」や「受付番号」などが表示された大きなテレビ画面をイメージすると解りやすい。


管理組合からの連絡事項が自宅のテレビ画面に映る(例)


多様なデジタルテレビ掲示板導入のメリット


デジタルテレビ掲示板のメリット
・家庭内の一般的なデジタルテレビを使うので掲示板を見に行くことなく、いつでも情報を見られる
・テレビのリモコンを操作するだけなので誰でも簡単
・テレビの大画面で文字が見やすい
・マンションの設置済みテレビケーブルを使うため、インターネットのような接続料がかからない
・各戸で特別な機器を用意する必要がない
・団地やマンションの館内放送の為、外部に知らせる必要はないが、住人には周知したい情報(工事の日程案内、ゴミ収集日など)を発信できる
・火災時などの緊急放送では映像音声による放送が可能(映像・音声エンコーダーを装備した変調器を接続した場合)
 但し、この便利なデジタルテレビ掲示板は、データ放送対応のデジタルテレビでなければ受信できない。簡易型チューナーや、ケーブルテレビ局のデジアナ変換でデジタル放送を見ている場合は受信できないため、通常の掲示板と併用して利用するのが現実的だろう。


テレビに掲示板が映るまで


 データ放送システムというと、難しい事をしなければならないように思われるが、仕組みは以外に簡単である。
 まずマンション管理組合は「かんたんデータ放送作成ソフト」を使って、表示させたい情報(例・総会の案内)を作成し、専用機器にボタンひとつで送れば終了。ソフトの操作も、データ放送の特別な知識が無くても、基本的なパソコン操作ができれば十分である。
 次に、各家庭ではテレビに掲示板が映るように、チャンネルの設定をすれば終了である。


システムの導入費用


 費用は、文字と音声情報の発信可能な基本的なシステムを導入する場合、データ放送作成ソフトと専用機器、初期設定やサポート費用などを含めて約90万円。毎月の維持費はかからない。費用の分割払いについては個別に対応可能とのこと。
 オプションとして、インターネットを通じて、マンション周辺の情報(例・町内会の祭礼等)を連動して画面に表示することも可能。
 また、管理組合情報の作成やデータ更新をシステム会社にすべて委託することもできるが、この場合、それぞれシステムの構築費や毎月のサービス委託料がかかる。
 その他様々なオプションも付加可能だが、それだけ費用もかかるため「まずは基本的なシステムを試していただき、その上でオプションもあったほうが良いと思われたときにご検討いただいては」とシステム会社の関係者。
 デジタルテレビ掲示板について問合せは、
(有)アクセスビジョン
045・470・1223(担当 竹内)まで。

   

(集合住宅管理新聞「アメニティ」 2012年1月号掲載)