住まい方

アレルギーと健康(1)

環境由来の健康問題

環境由来の健康問題をご存じですか?

 アレルギーやシックハウス症候群、化学物質過敏症など環境由来の健康被害を総称してそう呼びます。
 近年、この問題が増え続け、患者やその家族にとっては、日常生活で大きな負担となっています。一方、これらの健康問題が増え続けているにもかかわらず、自分たちが当事者でない場合、問題に対する意識が低く関心が薄くなりがちです。
 しかし、こうしたケースが日常的に増える中、これからのステップとして、アレルギーなど環境由来の健康被害に罹患した人やその家族だけでなく、周りの人がその病気や症候群に対して理解し、協力・配慮していくことが必要になります。また、今までこうした健康被害に陥ったこともない人も現代の生活環境ではそうなりうるリスクは高まっているといえます。そのリスクを回避するためにもまずは環境由来の健康問題の現状について知ることから始めましょう。
 環境由来の健康問題の中で最も罹患者数が多く一般的に知られているのがアトピー性皮膚炎や喘息、さらに昨今大きな問題として取り上げられている食物アレルギーなどのアレルギーになります。その他にも上表のような健康被害が挙げられます。
 こうした環境由来の健康被害が増え続けることがないように、まずはその存在を知り、生活環境を見直す契機としてみてはいかがでしょうか。

一般社団法人日本環境保健機構
http://jeho.or.jp/








(集合住宅管理新聞「アメニティ」 2016年6月号掲載)