住まい方

アレルギーと健康(3)

アトピー性皮膚炎

 アレルギー疾患の一つであるアトピー性皮膚炎とは、アレルギーが関係する慢性的な皮膚湿疹のことをいいます。アトピー性皮膚炎になる人の大半は、乳幼児期に発症して、成人になる前に症状が治まってしてしまうことが大半ですが、最近では成人になっても症状が治まらない人や、成人になってから発症する人も増えてきています。アトピー性皮膚炎は慢性的なかゆみが強く、外見的にも不快感を覚えやすいため、肉体的にも精神的にもつらい病気です。




 ◇発症と悪化の要因
 アトピー性皮膚炎を発症させたり、悪化させる要因は普段の生活環境の中にあります。家の中のダニやカビ、職場や学校などのホコリや空気の質なども強く関係しています。



 ◇対応
 これらの要因が複雑に絡み合うことで、アトピー性皮膚炎を発症させたり、悪化させたりするため、皮膚を清潔に保つためのスキンケアや生活環境での掃除の励行、バランスの取れた食生活、肌を刺激しない衣類の選択、自分なりのストレス解消法を見つけるなど生活習慣の中で、さまざまな工夫や改善が求められます。

一般社団法人日本環境保健機構
http://jeho.or.jp/





「第2回 みんなのアレルギーEXPO 2016」
12月15日(木)〜16日(金)10時〜17時(最終日16時)、
大田区産業プラザPiO大展示ホール、来場無料
http://expo.jeho.or.jp/

(集合住宅管理新聞「アメニティ」 2016年10月号掲載)