その他管理業務全般

住宅版エコポイント制度の創設 最大30万円相当

1月28日に成立した09年度第2次補正予算で環境性能の高い新築や改修に対して家電エコポイントと同様に様々な商品・サービスと交換可能なエコポイントを取得できる「住宅版エコポイント制度」が創設された。最大30万円相当が付与され、水回りなど省エネに関係ない改修にもポイントが使えるようになる。

 

◆環境に配慮した新築・改修が対象/追加工事費にポイント活用も可能に

■対象となる工事
リフォームは窓の内窓設置や(二重サッシ化)、複層ガラス化などの断熱改修と外壁、屋根・天井または床に一定量の断熱材を用いる施工が対象となる。また、リフォームの場合これらに併せて、手すりの設置、段差解消、廊下幅の拡張などのバリアフリーリフォームを行う場合はその分ポイントが加算される。  新築の場合は国が定める省エネ法のトップランナー基準(従来の省エネ基準に断熱性や高効率給湯器等をプラスαしたもの)相当の住宅と省エネ基準の木造住宅が対象。

■対象となる工事期間
対象となる工事時期は新築の場合、09年12月8日以降から10年12月31日までに着工したもの、リフォームの場合、10年1月1日から10年12月31日までに着手したもので、それぞれ10年1月28日以降に工事が完了したものに限られる。

■ポイントの申請期限
リフォームの場合、11年3月31日まで、新築の場合、一戸建て住宅は11年6月30日まで、工期の長い共同住宅は11年12月31日、11階建て以上の場合は12年12月31日までがポイントの申請期限になる。

■発行されるポイント数
 新築は30万ポイント(1ポイント1円相当)。リフォームは一戸あたり30万ポイントを限度とし、部位ごとに算定される。窓部分は大きさによって大・中・小に区分され、内窓・窓交換は7000〜1万8000ポイント。 ガラス交換は2000〜7000ポイント。断熱改修は外壁10万ポイント、屋根・天井3万ポイント、床5万ポイント。  バリアフリー改修は1戸あたり5万ポイントが限度。  手すりの設置は浴室、便所、洗面所、居室、廊下・階段の5区分に分け、場所単位で付与される(同一箇所の数量は加算されない)。  段差解消は出入り口、浴室、屋内の3区分で5000ポイント。  廊下幅などの拡張は通路、出入り口の2区分で2万5000ポイント。

■ポイントの即時交換
 取得したエコポイントは商品などに交換する以外に改修工事の際、同時にキッチンなど直接環境に関係のない工事の費用に使う事(即時交換)もできる。制度についての相談窓口は、電話0570・071・077まで。

 


(2010年2月号掲載)