計画修繕・積立金・保険関連

改正マンション標準管理規約を発表/国土交通省

   国土交通省住宅局は7月27日、改正マンション標準管理規約を発表した。役員のなり手不足に対応するため、役員の資格要件の緩和を行うことが主な内容。
 パブリックコメントで、第三者管理方式など専門家を活用した管理方式など、管理組合運営の基本的なあり方に関する意見が多く出されたが、今回の改正では、区分所有者主体の管理方式による見直しが行われた。
 改正のポイントは以下の通り。
   (1)執行機関(理事会)の適正な体制等の確保
 (2)総会における議決権の取り扱いの適正化
 (3)管理組合の財産の適切な管理等
 (4)標準管理規約の位置づけの整理